エポワスに合うワイン5選

スポンサーリンク

ブルゴーニュ地方のウォッシュチーズエポワス」。クサいと言われるウォッシュチーズの中でも有数のクサさで、ダメな人は全く受け付けないでしょうが、ハマると病みつきになります。管理人自身大好物で、よく食べるチーズの一つです。

エポワスに合うワインとして、「その土地のワインと料理は合う」という原則から、ブルゴーニュの赤(ピノ・ノワール)と白(シャルドネ)がしばしば紹介されます。しかし、管理人はこのマリアージュには反対です。ブルゴーニュワインの味わいは概して繊細で、エポワスの強烈な個性に負けてしまうからです。エポワスに合うワインの条件の一つは、エポワスに負けない個性です。ここでは、エポワスに合うワインをご紹介します。

スポンサーリンク



マール・ド・ブルゴーニュ


エポワスは、ワイン用ブドウの絞りかすを蒸留して造られるブランデーと塩水とでその表面を洗いながら熟成させます。このブランデーのことを「マール・ド・ブルゴーニュ」と呼びますが、これはその土地の飲み物でもあり、その製造過程からも、エポワスと合わせるのに間違いない組み合わせです。香ばしい木樽の香り、ほのかなブドウの香り、ブドウの種や皮に由来するスパイスの香りがあり奥深い味わいで、40度前後というアルコール度数から、エポワスに負けない飲み応えもあります。ワインと言うよりはハードリカースピリッツ)ではありますが、イケる口の方にはオススメです。

おすすめのマール・ド・ブルゴーニュ(1):
マール・ド・ブルゴーニュ “ア・ラ・マスコット”/ルイ・ジャド
(ルイ・ジャドの品質はマールでも安心・安定。マールの中では価格的にもお手頃)
楽天市場Amazon
おすすめのマール・ド・ブルゴーニュ(2):
マール・ド・ブルゴーニュ/ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ
(DRCが造る究極のマール。興味と予算のある方はお試しください)
楽天市場Amazon

カリフォルニアのピノノワール


冒頭で、ブルゴーニュのピノノワールはエポワスにはオススメしないと述べましたが、カリフォルニアピノノワールならOKです。「カリ・ピノ」の特徴は、濃厚な果実味と強い木樽の香りで、「ブル・ピノ」と比べると繊細さには欠けますが、その主張の強さはエポワスに負けないというメリットにもなります。

もちろん、ただ主張が強いだけではありません。その果実味はエポワスにジャムを添えて食べる感覚になりますし(※チーズは全般的にジャムが合います)、木樽の香りは、「モン・ドール」の外皮エピセアを思わせ、風味に広がりを与えてくれます。エポワスに限らず、ウォッシュチーズに「木樽の香り」はよく合うので、他のチーズとワインを合わせるときにも参考にしてみてください。
【関連記事】モンドール(モン・ドール)に合うワイン5選

おすすめのカリフォルニアのピノノワール(1):
デ・ローチ ピノノワール
(フルボディと言っても良い力強さでスパイシーさもある。価格も魅力)
楽天市場Amazon
おすすめのカリフォルニアのピノノワール(2):
カレラ・ジョシュ・ジェンセン・セレクション・ピノノワール
(ワンランク上のカリ・ピノ。力強く野性的な味わいながら、エレガントにまとまっている)
楽天市場Amazon

ボジョレー


地元同士ということでブルゴーニュを合わせるのなら、ピノノワールではなくボジョレーガメイ)がオススメです。ガメイの特徴はラズベリーやフランボワーズなどの華やかなベリー系の甘い香りで、カリ・ピノ同様のジャム感覚を楽しめます。

ボジョレーと言うと、軽やかな味わいの「ヌーヴォー(新酒)」のイメージが強いかもしれませんが、通年タイプの「ボジョレー・ヴィラージュ」の中には力強いものもあり、「クリュ・ボジョレー」と呼ばれる10銘柄は長期熟成可能複雑な味わいです。是非ヌーヴォー以外のボジョレーとエポワスのマリアージュを味わってみてください。

おすすめボジョレー(1):
ボジョレー・ヴィラージュ・コンボー・ジャック/ルイ・ジャド
(力強くも品のあるボジョレー。価格もお手頃)
楽天市場Amazon
おすすめボジョレー(2):
ムーラン・ナ・ヴァン(クリュ・ボジョレー)/フレデリック・コサール
(自然派の巨匠。「ボジョレーってこんな美味いの?」と感動すること間違いなし)
楽天市場Amazon

ゲビュルツトラミネール


個人的には、家でエポワスを食べるときに一番合わせる機会が多いのが、ゲビュルツトラミネールです。ゲビュルツの特徴はライチパッションフルーツ、バラなどの華やかな甘い香りと、白コショウ、コリアンダーシード、ジンジャーなどのスパイスの香りで、その香りの強さはエポワスとしっかり並び立ちます。また、ほのかな甘みがエポワスの塩気ともよく合います。

ちなみに、ゲビュルツトラミネールはアルザス地方のウォッシュチーズ「マンステール」と合わせるのが定番とされています。ゲビュルツとウォッシュチーズの相性は証明されていると言ってもよいでしょう。もっと言えば、ゲビュルツの香りの華やかさ・複雑さとほのかな甘みは、チーズ全般と合う要素が揃っています。チーズ好きの方は常備しておくべきワインです。

おすすめのゲビュルツトラミネール(1)
コノスル・ゲヴュルツトラミネール「ヴァラエタル」または「レゼルバ」:
(コスパ抜群でスーパー等で買える入手しやすさも魅力。ゲビュルツ初心者はまずこれを)
楽天市場Amazon
おすすめのゲビュルツトラミネール(2)
マルク・テンペ・ゲヴュルツトラミネール各種
(予算に余裕がある方はこちらを。完熟ライチの他、スパイスの香りも濃厚。微発泡)
楽天市場Amazon

シェリー(アモンティリャード、ミディアム等)


最後に、ちょっとした変化球としてご紹介したいのがシェリーです。シェリーとは独特の熟成香があるスペインの酒精強化ワイン(白ワインの一種)で、さまざまな種類があります。どれもエポワスとは合います。その中でも、特にオススメしたいのが「アモンティリャード」と呼ばれるタイプの辛口です。そのほどよい酸化熟成のニュアンスと、ヘーゼルナッツクルミドライフルーツなどの複雑な香りは、エポワスの発酵食品特有の香り・旨みと相性が抜群です。

ただし、アモンティリャードはそれなりにクセが強いので、もしかしたら苦手と感じる方もいるかもしれません。その場合、アモンティリャードをベースにしたやや甘口タイプの「ミディアム」をオススメします。エポワスとの相性のキーになる、良い意味でのクセは残しつつ、甘さのおかげでクセは柔らぎます。また、そもそもチーズ全般と甘口ワインは相性がよいものです。

おすすめのシェリー(アモンティリャード・辛口)
アモンティリャード・ナポレオン/ボデガス・イダルゴ
(スペインNo.1メーカーの絶品アモンティリャード。奥深く豊かな味わいで余韻も長い)
楽天市場Amazon
おすすめのシェリー(ミディアム・やや甘口)
ミディアム/バロン・ミカエラ
(伝統的製法にこだわる自然派の造り手。コスパが高く現地でも人気)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

お知らせ

ページ上部へ戻る