タコスに合うワイン5選

スポンサーリンク

メキシコを代表する料理「タコス」。タコスミートなどの肉、レタスやトマトなどの野菜をトルティーヤで挟んだもので、日本でもパーティー料理として人気が高まっています。飲み物を合わせる場合、本場メキシコならコロナやマルガリータを合わせるところでしょうが、ワインを合わせても美味しくいただけます。

ただし、ワインを合わせる際は、渋み(タンニン)の強すぎないものを選ぶよう注意してください。タコスの具材やソース(サルサ)には辛い味付けのものが多く、あまり渋みの強いワインを合わせると、辛みが増幅されたり、不快な苦みが感じられたりすることがあります。それさえ気を付ければ大きく外すことはないはずですが、ここではもう少し具体的に、タコスに合うワインをご紹介します。

スポンサーリンク



ソーヴィニヨンブラン


タコスの具材には野菜を挟むことが多いですが、中でも代表的な具材の一つにワカモレがあります。一般的なレシピとしては、アボカドをつぶして、ライムレモン)汁を絞り、たまねぎトマト青唐辛子パクチーのみじん切りを加えて和える、といったものでしょう。これらの材料から真っ先に思い浮かぶのはソーヴィニヨンブランです。ソーヴィニヨンブランの大きな特徴である青々しい香りは、ワカモレに使われる全ての野菜と共通項があり、またもう一つの特徴である柑橘系の香りと酸味はライム(レモン)とばっちりマッチします。

おすすめソーヴィニヨンブラン(ニュージーランド):
ヴィラ・マリア・プライベート・ビン・ソーヴィニヨンブラン
(SBの特徴・魅力が詰まった傑作。コスパも高く初心者からワイン通まで満足)
楽天市場Amazon

アルバリーニョ


タコスはメキシコ料理ですが、スペイン語文化圏ということもあり、同系統の陽性の雰囲気をまとったスペインの白もタコスにはよく合います。特におすすめなのはアルバリーニョです。フローラルで華やかな甘い香りが印象的なのですが、飲んでみるとこれが意外な酸味豊かなすっきり辛口柑橘の風味もあり、タコスのライムとも調和します。また、アルバリーニョは潮風や磯の香りを思わせるミネラルの風味も特徴なので、白身魚を挟んで食べるフィッシュタコスと合わせると最高です。

ビオンタ・アルバリーニョ
(ミネラルの塩気が心地よい。魚介もよいがシンプルな肉料理にもオススメ)
楽天市場Amazon

スパークリングワイン(カヴァ)


タコスを食べるときはパーティーになることも多いかと思います。パーティーの楽しい雰囲気には、スパークリングワイン華やかさがパーティーに花を添えてくれるでしょう。もちろん雰囲気だけの問題ではありません。瓶内二次発酵という手間のかかる製法で造られるスパークリングワインには旨味成分が多く溶け込んでおり、タコスのさまざまな具材とも幅広く寄り添います。瓶内二次発酵の代表選手はフランスのシャンパーニュですが、スペインにもカヴァという素晴らしい瓶内二次発酵のスパークリングワインがあります。

おすすめのスパークリングワイン(1):
ウ・メス・ウ・ファン・トレス ブリュット
(一番搾りの果汁のみを使用。柑橘系の酸味とほのかな苦みが心地よい)
楽天市場Amazon
おすすめのスパークリングワイン(2):
ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ・ブリュット
(より肉に寄せるならロゼを。「格付けチェック」でドンペリに勝ったこともある絶品ロゼカバ)
楽天市場Amazon

ピノノワール


タコスには、ひき肉をトマトケチャップとスパイスなどで味付けした、いわゆる「タコスミート」を挟んで食べるのが一般的です。接点をこのタコスミートに寄せるなら、ワインはミディアムボディの、例えばピノノワールを合わせるとよいでしょう。ピノノワールと言えばフランス・ブルゴーニュが本場ですが、タコスに合わせるなら、カリフォルニアやオレゴンなどのアメリカ産をオススメします。ブルゴーニュ産よりも赤系果実の凝縮感の香りに由来する甘みを感じるアメリカ産はケチャップと好相性。スパイス感も強く、タコスミートのスパイスともマッチします。

おすすめピノノワール(1):
デ・ローチ ピノノワール
(カリフォルニア産。厚みがあり樽の風味がしっかり。良い意味でジャンク)
楽天市場Amazon
おすすめピノノワール(2):
フォリス・ピノノワール・ログヴァレー
(オレゴン産。濃厚だがカリピノよりも洗練されている。コスパも高い)
楽天市場Amazon

ジンファンデル


ひき肉ではなく、細切りの肉や、煮込んだ肉やモツなど、より「肉」感の強い肉を挟む場合、ワインはピノノワールよりも濃いめボディのある赤が欲しくなります。かと言って、冒頭でも述べた通り、あまり渋みの強いものはオススメできません。そこでうってつけなのがジンファンデルです。ピノノワールよりも果実味豊かで濃厚、ほどよいスパイス感はありますが、渋みはまろやか甘いニュアンスがあるので、甘辛い味付けの肉と好相性です。また概してアルコール度数が高いので飲み応えもあり、より満足感の高いマリアージュを楽しめるでしょう。

おすすめジンファンデル:
カーニヴォ・ジンファンデル
(「肉専用黒ワイン」のコピーで人気上昇中。ジューシーで力強いが口当たりは滑らか)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京在住のソムリエ&フードコーディネーター
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

お知らせ

ページ上部へ戻る