天ぷらに合うワイン5選

スポンサーリンク

天ぷらは非常にワインに合います。和食の中では断トツにワインに合う料理と言ってよいでしょう。で食べる場合、白ワインだったら基本的に何でも合います。天つゆで食べる場合は、ほんのり甘味を感じる白ワインか、軽めの赤ワインがよいでしょう。合うワインが多すぎて、選ぶのは本当に難しいですが、ここでは天ぷらに合うワインを厳選して5種類ご紹介します。

スポンサーリンク



リースリング


天ぷらをで食べるなら、ミネラルの風味が感じられる白ワインがよく合います。特に天ぷらのネタは、白身魚イカ根菜類のように素材自体にミネラルの風味があるものが多いので、ミネラルの風味は重要なポイントです。一方、塩で食べる天ぷらに添えられているのがレモン。ワインにもレモンのような爽やかな酸味を備えているものがよいでしょう。この二つを高レベルで兼ね備えているのがリースリング。柑橘の香りと酸味が衣の油の風味を爽やかにし、ミネラル感が素材の淡白な旨味をより甘く引き立ててくれます。

おすすめリースリング:
トリンバック・アルザス・リースリング(辛口リースリングのお手本。口の中を引き締めるような酸味が心地良い)
楽天市場Amazon

ソーヴィニヨンブラン


春先に美味しい山菜、中でもたらの芽ふきのとうのように、青々とした香りとほのかな苦みを楽しむ素材は、ソーヴィニヨンブランとの相性が最高です。また、ソーヴィニヨンブランには、前項のリースリングと同様にミネラル柑橘系の酸味もありますので、山菜のみならず、塩で食べる天ぷら全般によく合います。

おすすめソーヴィニヨンブラン:
プイィ・フュメ/ドメーヌ・タボルデ(減農薬の造り手。クリアな果実味でミネラル感が溢れる)
楽天市場Amazon

シャルドネ(樽熟成)


海老穴子のように、味わいがふくよかで風味を強く感じられる素材には、樽熟成させたシャルドネが良く合います。この場合は、柑橘風味で爽やかに食べるというよりは、ワインのボリューム感と素材の持つ甘味との相乗効果を楽しむというマリアージュになります。樽熟成させたシャルドネはチリ産などもよいですが、より酸味とミネラル感があるフランス・ブルゴーニュ産のもののほうが、幅広いネタに対応するのでオススメです。

おすすめブルゴーニュ白:
ブルゴーニュ・シャルドネ/フレデリック・マニャン(樽香が上品。全てがバランスよくまとまっている)
楽天市場Amazon

甲州


天ぷらには甲州もオススメです。リースリングやソーヴィニヨンブランと比べると酸味はやや控えめですが、土壌や果皮に由来するほのかな苦みが、で食べる天ぷらにはピッタリ。特に抹茶塩は甲州と抜群の相性です。また天つゆで食べるときは、ほんのり甘口の甲州もよく合います。

おすすめ甲州(1):
グレイス グリド甲州(果皮から出る旨味がたっぷり!ほのかな苦みが心地よい)
楽天市場Amazon
おすすめ甲州(2):
モンテリア・ジョーヌ/モンデ酒造(ほんのり甘口。熟した果実の香りの中にしっかりした旨味)
楽天市場Amazon

ブルゴーニュのピノノワール


素材の味を楽しむ天ぷらですので、赤ワインを合わせる場合、濃厚過ぎないミディアムボディで、繊細な旨味を感じられるタイプがよいでしょう。それがまさにブルゴーニュのピノノワール。特にオススメはフィリップ・パカレです。色は極めて淡く、初めて飲む方はきっと「薄っ!」と驚くくらい軽いのですが、後からじわじわとやってくる出汁のような旨味滋味深い味わいにハマる人が多数。かなり通のワインで、しかも高級品ですが、繊細な天ぷらとの相性は最高です。ここぞというときには是非お試しください。

おすすめのブルゴーニュ・ピノノワール:
フィリップ・パカレ
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る