アップルパイ(タルトタタン)に合うワイン5選

スポンサーリンク

アップルパイ」とは、甘く煮たリンゴを詰めてオーブンで焼いたパイのこと。よく煮たスイーツで、フランスにはリンゴの上にタルト生地を乗せて焼いた「タルト・タタン」がありますが、ワインとの相性を考える上ではこれらは同じものと考えてよいでしょう。ポイントはやはりリンゴの甘味と酸味で、これと共通する要素を持つ爽やかな甘口ワイン(甘すぎないもの)が基本方針となります。ここではアップルパイ/タルトタタンに合うワインをご紹介します。

スポンサーリンク



シードル


リンゴのスイーツには、リンゴで造ったスパークリングワインシードル」を合わせるのが間違いありません。おすすめは「ドゥミ・セック(中甘口)」の甘さで、フランスのリンゴは日本のリンゴより酸味があるので甘味は爽やか。ほどよい甘さで、ほとんどのアップルパイ(タルトタタン)とよく合います。逆に「ブリュット(辛口)」は、一般的なワインのブリュットよりもほのかに甘味を残した造りなので、甘口が苦手な方はこちらを合わせるのもよいでしょう。また、シードルはアルコール度数が4~5度と低めなので、アルコールが弱い方にもおすすめです。

おすすめのシードル:
シードル・ドゥミ(ブリュット~セック)/セリエ・ド・ボール
(自家栽培&自家醸造&オーガニック。リンゴの風味が濃厚)
楽天市場Amazon

ヴーヴレ甘口


実はタルトタタン発祥の地はフランスのロワール地方。そしてロワール地方を代表する白ワインと言えば、シュナンブラン100%で造られるヴーヴレ。タルトタタンには「ヴーヴレの甘口」を合わせるのが定番とされています。いつも思いますが、同郷の食べ物とワインが合うというのは不思議なもので、シュナンブランにはまさにリンゴやリンゴの蜜の香り豊かな酸味があり、タルトタタン(リンゴを使ったスイーツ)と相性が抜群なのです。

ヴーヴレの甘口には「セック」「ドゥミ・セック」「モワルー」「ドゥー」と4段階があります(セックが一番辛口、ドゥーが一番甘口)。実はタルトタタンには「モワルー」を合わせるのが本当の定番とされているのですが、実際のアップルパイ/タルトタタンはものによって甘さはさまざまですので、これは一概には言えません。「スイーツが甘さ控えめならワインも甘さ控えめ」「スイーツ甘さ濃厚ならワインも甘さ濃厚」を基本的な考え方として、あとはお好みで使い分けるとよいでしょう。

おすすめのヴーヴレ甘口:
ヴーヴレ(セック~モワルー)/マルク・ブレディフ
(ロワールの名門。ヴーヴレと言えばマルク・ブレディフ)
楽天市場Amazon

リースリング(甘口)


ドイツの名物、甘口リースリングもアップルパイとは好相性です。上のシュナンブランにあるリンゴの香りがどちらかというと熟した黄色いリンゴであるのに対し、リースリングのほうは青いリンゴの香り。またレモンなどの柑橘の香りや豊かな酸味もあり、アップルパイのリンゴの爽やかさと絶妙に調和します。ドイツのリースリングには甘さのレベルが数段階がありますが、カビネットシュペートレーゼ程度がおすすめ。

おすすめのドイツのリースリング:
トラベーナ・ウルツガルテン・リースリング・カビネット
(上品な半甘口。余韻まで酸とミネラルが伸びる)
楽天市場Amazon

ロゼ・ダンジュ


タルトタタン発祥の地、ロワールには「ロゼ・ダンジュ」というロゼの半甘口ワインもあり、これもアップルパイにはよく合います。ロゼダンジュの香りの特徴は、柑橘系フルーツフレッシュなストロベリー。アップルパイに新たな味の要素を加えて、口の中を華やかにしてくれるでしょう。上でご紹介してきた三つのワインは、アップルパイとリンゴの香り同士で合わせるマリアージュでしたが、このように一方がもう一方を補うというパターンのマリアージュも面白いものです。

おすすめのロゼ・ダンジュ:
ロゼ・ダンジュ/ドメーヌ・デ・オート・ウーシュ(Alc11度。果実味がイキイキとして香りが華やか)
楽天市場Amazon

アスティ・スプマンテ


一方がもう一方を補う」系でもう一つ面白いのは、イタリアの甘口スパークリング「アスティ・スプマンテ」です。アスティで最も特徴的なのは、マスカットの香りですが、他にもハチミツオレンジの香りもあり、アップルパイの味わいに広がりを与えてくれます。またスパークリングワインというだけで、食卓に華やかさが加わりますので、その点でもおすすめです。

おすすめの爽やかな甘口:
アスティ・スプマンテ・サント・オルゾーラ(マスカットの香りが華やかで果実味がピュア)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る