うなぎに合うワイン5選

スポンサーリンク

意外に思う方もいるかもしれませんが、うなぎはワインととても相性のよい組み合わせです。ワインと料理のマリアージュの法則の一つに、「スパイスをふりかけたくなる料理には赤ワイン」というものがあります。一般的にうなぎには粉山椒をふりかけますし、甘味のある醤油ベースのタレからも、いかにも果実味豊富な赤ワインが合いそうです。また、フランスのロワール地方やボルドー地方には、うなぎをぶつ切りにして赤ワインで煮込んだ郷土料理があります。日本でお馴染みのうなぎの蒲焼きとはかなり違う食べ方ですが、これもうなぎが赤ワインと合うという一つの証拠とは言えるでしょう。ここでは、うなぎに合うさまざまなタイプのワインをご紹介します。

スポンサーリンク



ボルドー・グラーヴ地区の白(ソーヴィニヨンブラン)


赤ワインをご紹介する前に、うなぎには「白焼き」という食べ方があることを忘れてはいけません。日本のハーブであるワサビを添えて食べたくなるうなぎの白焼きには、ハーブの香りがする白ワインが合います。いくつか選択肢はありますが、ハーブの香りがするブドウ品種の代表格はソーヴィニヨンブラン。そしてうなぎ特有の川魚の香りと、焼き目の香ばしさを考え合わせると、これらの香りを兼ね備えたボルドー・グラーブ地区の樽熟成した白ワインはかなりオススメできます。

グラーヴの白ワイン
楽天市場Amazon

ロワールの赤(カベルネフラン)


うなぎの蒲焼きには粉山椒をかけるのが一般的かもしれませんが、山椒の若芽である「木の芽」をのせて食べるのもオツなものです。その場合、木の芽の青々しい爽やかな香りは、ロワール地方のカベルネフランというブドウ品種で作られた赤ワインと相性抜群です。蒲焼きでもよいですし、白焼きをわさびと醤油で食べるのに合わせてもよいでしょう。ちなみに、ロワール地方のうなぎの赤ワイン煮込み「マトロット・ダンギーユ」は、カベルネフラン100%の赤ワイン「シノン」と合わせるのが定番とされています。

シノン・ルージュ
楽天市場Amazon

ニューワールドのピノノワール


うなぎの蒲焼きと言えば、甘辛いタレ醤油の焼けた香りが印象的です。これにうなぎの皮や脂の土っぽい風味を加味して考えると、ピノノワールという品種が頭に浮かびます。特に熟成したピノノワールは醤油や土の香りや強くなるので、うなぎとはよく合うでしょう。ピノノワールと言えばフランスのブルゴーニュですが、熟成感を感じるものは一般的にかなり高級になってしまうのが難点。そこで、タレの甘みからも、より果実味豊富な、チリやアメリカ、オーストラリアなど、ニューワールドと呼ばれる地域のピノノワールを合わせることを提案します。熟成したものならなお可。

ニューワールドのピノノワール
楽天市場Amazon

リオハの赤(レセルバ)


上でご説明したように、ピノノワールの熟成したもの、特に果実味豊富なタイプはうなぎの蒲焼きにとてもよく合います。しかし、ブルゴーニュのピノは価格的に、またニューワールドのピノは逆に熟成したものを見つけるのが難しいという問題があります。そこで、これらの特徴を兼ね備えているのが、スペインのリオハ地方の赤ワイン、特にその熟成期間が長いものです。スペインの赤ワインの熟成表記には、「クリアンサ(24ヶ月以上熟成)」「レセルバ(36ヶ月以上熟成)」「グランレセルバ(60ヶ月以上熟成)」の3種類がありますが、オススメは「レセルバ」または「グランレセルバ」。それだけ手間暇がかかっているのに価格はなんと1000円台からと、大変リーズナブルです。

リオハの赤(レセルバ、グランレセルバ)
楽天市場Amazon

コート・デュ・ローヌの赤(グルナッシュ+シラーのブレンド)


うなぎは魚の一種ですが、動物性の香りがとても強い食材です。これに合わせるとなると、ワインにも動物性の香りがあり、且つ、タレの甘みを考えると、果実味豊富でやわらかな甘味があるタイプがよいでしょう。そこで当てはまるのが、南仏コート・デュ・ローヌ地方のワインです。ローヌ地方の二大ブドウ品種は、ジャムを煮詰めたような果実味のあるグルナッシュと、動物性の香りと山椒にも通じるスパイシーな香りがあるシラー。この二つがブレンドされているものなら最高です。カジュアルなものから高級品まで価格帯もさまざまですが、一つオススメするとしたら、シャプティエコート・デュ・ローヌ・ルージュ。非常にコスパが高い上に、グルナッシュ60%、シラー40%というブレンド比率も完璧です。

コート・デュ・ローヌ・ルージュ/シャプティエ
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る