豚しゃぶに合うワイン5選

スポンサーリンク

豚肉はクセの少ない肉です。豚しゃぶにワインを合わせる場合、豚自体にというよりは、タレの風味をキーにしてワインを選ぶとよいでしょう。または家にあるワインに合わせてタレをつくるのもオススメです。ここでは豚しゃぶに合うさまざまなワインをご紹介します。

スポンサーリンク



リースリング(辛口)


豚しゃぶをポン酢で食べる場合、柑橘の風味がある酸味の爽やかな辛口白ワインを合わせるとよいでしょう。特におすすめなのはリースリング。リースリングに含まれる豊富なミネラルは、豚肉のミネラルと調和し、豚肉の旨味を引き立ててくれます。

おすすめリースリング:
トリンバック・アルザス・リースリング(辛口リースリングのお手本。口の中を引き締めるような酸味が心地良い)
楽天市場Amazon

シャルドネ(樽熟成)


豚しゃぶをごまだれで食べる場合、樽熟成したまろやかクリーミーシャルドネがよく合います。フランス産も悪くはないですが、より酸味が穏やかチリカリフォルニアオーストラリアのほうが相性がよく、コスパもよいのでオススメです。画像のクレマスキなどはまさに理想的。

おすすめのシャルドネ:
クレマスキ・フルロッティ シャルドネ・シングル・ヴィンヤード(なんと1000円ちょっと!ハイコスパの濃厚シャルドネ)
楽天市場Amazon

シャンパーニュ(シャンパーニュ製法のスパークリング)


豚しゃぶは鍋物ですので、よく冷えたシャンパーニュもよく合います。もちろんただ冷えているだけではありません。シャンパーニュは酵母と長期間接触して醸造されるため旨味の素であるアミノ酸がたっぷり。どんなタレにも寄り添い、豚肉の旨味を引き出します。シャンパーニュと同じ製法で造られる他の地域のスパークリングで代用してもOKです。

おすすめシャンパーニュ:
ダルマンヴィル・ブリュット(なぜこんなに安い?!今注目のシャンパーニュ)
楽天市場Amazon
おすすめスパークリング(シャンパーニュ製法):
ウ・メス・ウ・ファン・トレス ブリュット(絶品カヴァ。一番絞り果汁のみを使用し、15ヶ月熟成)
楽天市場Amazon

ピノノワール


梅肉を使った梅ダレでいただく場合、梅の風味があるピノノワールがおすすめです。肉の旨味をより味わうためには、ほどよく味がしっかりしていながら繊細さもあるフランス産がよいでしょう。ピノノワールは、梅ダレ以外ではポン酢ともよく合います。

おすすめのピノノワール:
ブルゴーニュ・ルージュ クーヴァン・デ・ジャコバン/ルイ・ジャド(安心・安定のルイ・ジャド)
楽天市場Amazon

ロゼワイン


豆板醤やコチュジャンに香味野菜を加えたピリ辛ダレと合わせるなら、優しい甘口のロゼワイン「ロゼダンジュ」がよく合います。ワインの甘みが辛みをまろやかにすると共に、豚の脂の甘みを引き立ててくれます。甘口が苦手な方は、辛口の濃いめロゼ「タヴェル」がおすすめ。中華によく合うワインで、ほんのりスパイシーな風味がピリ辛味にマッチします。

おすすめのロゼワイン(1):
ロゼ・ダンジュ/ドメーヌ・デ・オート・ウーシュ(Alc11度。果実味がイキイキとして香りが華やか)
楽天市場Amazon
おすすめロゼワイン(2):
タヴェル(赤ワイン好きも満足。濃い目の辛口ロゼ)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る