葉巻(シガー)に合うワイン5選

スポンサーリンク

職業柄、日頃タバコは吸わない管理人ですが、葉巻はたまにシガーバーで嗜むことがあります。チョコレート、コーヒー、バニラ、ナッツ、ラム、杉の木、スパイス等々、芳醇な葉巻の香りはまさにワインと共通するものがあり、葉巻とワインは素晴らしいマリアージュを生み出します。ワインとの相性を考える場合、上で挙げたような香りがあり、且つ、なるべく長期熟成したもので香りに複雑さが増したものが望ましいと言えるでしょう。ここでは、管理人お気に入りの、葉巻に合うワインをご紹介します。

スポンサーリンク



リオハの赤(グラン・レセルバ)


冒頭で述べたような、葉巻にあるチョコレート、コーヒー・・・等の香りは赤ワインに多く、葉巻に合うワインは、白・赤どちらかと言えば、赤ワインのほうが多いと言えます。また、葉巻特有の発酵した複雑な香りに寄り添うためには、ワインは熟成したものが好相性です。

赤ワインで熟成したものは優れたものが多くありますが、中でもおすすめしたいのが、スペイン・リオハの「グランレセルバ」クラスのものです。リオハのワインの大部分は、最低でも24ヶ月、グランレセルバであれば60ヶ月という長期熟成を経て出荷する伝統があり、実はこれは世界的にみても大変珍しいもの。それでいて価格はリーズナブルで、開栓してすぐに熟成の複雑な風味を楽しむことができます。合う葉巻もいろいろありますが、特にモンテクリストアップマンなどのハバナ産との相性が良いように感じます。

おすすめのリオハ赤(※リーズナブル):
ヴィーニャ・ソエ/ボデガス・アギーラ
(樽で2年、瓶内で3年熟成してから出荷。古酒の蔵出しも多い。それでなんと約1000円!)
楽天市場Amazon
おすすめのリオハ赤(※やや高級):
クネ(CVNE)各種グラン・レセルバ
(「ヴィーニャ・レアル」で十分旨いが、予算に余裕があったら是非「インペリアル」を)
楽天市場Amazon

アマローネ


葉巻には熟成したワインが合うと述べましたが、葉巻は香りが非常に強いので、合わせるワインは、熟成させる前の段階でそれなりに力強いものである必要があります。むしろ強すぎるくらいがちょうどよいと言えるでしょう。その点、例えば、その対極のピノノワールなどは、繊細すぎて合わせるのは難しいです。

そこで、赤ワインでは、イタリアのアマローネなどもおすすめです。陰干しして糖度を高めたブドウで造られるアマローネは、ブドウの全てのエキス分が凝縮されるため、超濃厚ガッツリフルボディ。当然ながら長期の熟成を経てから出荷されるため、木樽に由来するコーヒーやチョコレートの香りが強く、また熟成によってほどよくこなれたジャミーな果実味は葉巻の甘い香りとよく合います。合わせる葉巻もフルボディのものがより相性がよく、アレック・ブラッドレイ・プレンサド・チャーチルなどは格別です。

ただし、アマローネはその手間のかかる製法ゆえ全般的にかなり高価です。格安でアマローネの味わいを楽しみたい方は、同じ製法で造られるチリの「ヴィーニャ・ファレルニア」もおすすめです。

おすすめのアマローネ:
アマローネ・ヴィッラ・アルヴェディ/ベルターニ(濃厚芳醇!それでいてエレガントさもある)
楽天市場Amazon
おすすめのアマローネ製法のワイン:
ヴィーニャ・ファレルニア・カルメネール・レセルバ(なんと¥1500~。激安のアマローネ”もどき”)
楽天市場Amazon

ムルソー


ここまで述べてきたように、葉巻に合うワインは、どちらかと言えば白ワインよりも赤ワインに多く見つけることができます。これは一つには、赤ワインは白ワインと違い、抗酸化物質であるタンニン(ポリフェノール)があり、より長期熟成に耐えるためです。しかし、白ワインが熟成できないというわけではありません。白ワインでも、酸味ミネラルなどのボディがしっかりしたものは、長期熟成によって素晴らしい味わいに変貌を遂げます。

そんな白ワインの一つがムルソーです。ムルソーの多くは新しい木樽を使うため、若いうちはバニラトーストのような香ばしい木の香りを感じます。これが熟成すると、まろやかにワインに溶け込み、ハチミツナッツのような香りと共に渾然一体となり、感動的な味わいになります。アシュトン・クラシックのようなマイルドでクリーミーな葉巻と好相性です。

ムルソーには優れた造り手が多くいますが、トップ中のトップは残念ながら値段もトップクラスです。そんな中、トップどころの中では比較的リーズナブルでおすすめなのが、アルベール・グリヴォーです。ただし、グリヴォーも長期熟成ものになるとそれなりの値段になってしまうので、造り手を問わず、蔵出しの長期熟成ものを探してみるのもよいかもしれません。

おすすめのムルソー:
アルベール・グリヴォー・ムルソー各種(ムルソーのトップの造り手の一つ。コスパが魅力的)
楽天市場Amazon
おすすめのムルソー:
ムルソー 蔵出し古酒(※造り手問わず)
楽天市場Amazon

シャンパーニュ


シャンパーニュシャンパン)」と言うと、乾杯で飲む爽やかな飲み物というイメージを持つ方が多いかもしれませんが、実は酵母と長期間接触して醸造されるため、通常のワインよりも旨味成分であるアミノ酸が豊富。またミネラルも豊富なので長期熟成が可能。その旨みは複雑さを増し、葉巻の芳醇な風味ともしっかりマリアージュします。それでいて、きめ細かい炭酸が葉巻の余韻をほどよい加減でリセットしてくれるので、葉巻の次の一口の味わいの変化をまた新たに楽しむことができます。

おすすめは比較的長期間熟成させてから出荷するもので、一つはボランジェ。価格帯問わずどのタイプも熟成した枯れた風味があり、世界的に有名な名門でありながら値段もまずまずリーズナブルです。もう一つはエグリ・ウーリエの「VP」。なんと70ヶ月の熟成で、その複雑極まりないい味わいはまさに匠の技です。予算さえ許せばどちらもできるだけ古酒が望ましいです。トリニダッド・インヘニオスのような微妙なアロマの変化を味わえる葉巻とのマリアージュをお試しください。

おすすめのシャンパーニュ:
ボランジェ各種
(最も安価なタイプでも3年以上の瓶内熟成。「グランダネ」で5年、「RD」では8年!)
楽天市場Amazon
おすすめのシャンパーニュ:
エグリ・ウーリエ・エクストラ・ブリュットV.P.
(ちょっとお高いですがおすすめの逸品。熟成期間70ヶ月以上で複雑な旨味がたっぷり!)
楽天市場Amazon

マデイラ


最後の一つとしてご紹介したいのは、ポルトガルの酒精強化ワイン「マデイラ」です。加熱によって酸化熟成させるために独特の香りがあり、その香りは、ヘーゼルナッツ、ドライフルーツ、はちみつ、カラメル、醤油、コーヒー、タバコ、オレンジピール…などとさまざまに表現されます。白ワインが多いですが、赤ワインもあり、また辛口甘口もあり、それぞれのマデイラで、さまざまなマリアージュを楽しめます。

おすすめの造り手はペレイラ・ドリヴェイラです。ポイントは、他社にはないようなオールドヴィンテージを数多く所有しているということ。5年や10年は言うまでもなく、なんと100年を超えるものも市場に出回っています。特におすすめは、ヴェルデーリョ(中辛口)の古酒と、パルタガス・ルシタニアスのグランレセルバとのマリアージュです。是非お試しください!

おすすめのマデイラ:
ペレイラ・ドリヴェイラ・マデイラ各種(5年熟成以上)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る