蟹に合うワイン5選

スポンサーリンク

魚介類ですので、当サイトの「魚介」カテゴリーでご紹介しているワインは基本的には合います。しかし、蟹と言えばかなりの高級食材。おそらく蟹を食べる場面は、ちょっとしたパーティーになるはずです。よって、いくら味が合うからと言って、「安旨」的なカジュアルなワインではバランス的にイマイチ。ワインにもそれなりのメジャー感・プレミア感が求められるでしょう。また、蟹にもさまざまな調理法があり、それによって合うワインは違ってくるので注意が必要です。ここでは、そういった点を考慮しつつ、蟹に合うワインをご紹介します。

スポンサーリンク



シャンパーニュ


まず紹介したいのは「シャンパーニュ」です。当サイトで再三ご紹介している「最も守備範囲の広い」タイプのワインで、魚介に限らずほぼ全ての料理に合います。蟹なら、刺身からカニクリームコロッケまでどんな調理法にも寄り添いますし、ワインを合わせるのが難しいカニみそにも対応します。プレミア感・メジャー感も申し分なし。若干「守り」のマリアージュではありますが、やはり選択肢から外すわけにはいきません。「迷ったらシャンパーニュ」です。

おすすめのシャンパーニュ:
ドゥラモット・ブリュット・ブラン・ド・ブラン(「サロン」のセカンド的存在。この価格はお値打ち)
楽天市場Amazon

リースリング


リースリングの特徴は、シャープな酸味と、柑橘系の香り、豊かなミネラルです。酸味と柑橘と言えばポン酢に通じるものがあり、またミネラルは海のや蟹自体の持つミネラルと共通します。蟹との相性は抜群で、特にポン酢でシンプル食べる食べ方、刺身・焼きガニ・天ぷら・カニ鍋などと合わせるのに最適です。

おすすめのリースリング:
ゲオルク・ブロイヤー・テラ・モントーサ(ドイツの辛口リースリングのスペシャリスト)
楽天市場Amazon

甲州


カニを和風の調理法で食べるなら、日本ワインの甲州もオススメです。甲州のミネラル感ほのかな苦みは魚介と好相性で、いい意味での主張の穏やかさが和食の繊細さを引き立てます。問題は蟹と釣り合うプレミア感ですが、グレイスの「鳥居平畑 プライベートリザーブ」なら文句なし。世界最大のワインコンクール「Decanter World Wine Award」でプラチナ賞を受賞しているプレミア甲州です。

おすすめ甲州:
グレイス 甲州 鳥居平畑 プライベートリザーブ(果実味もたっぷり。現時点で日本最高の甲州ワイン)
楽天市場Amazon

ブルゴーニュ白


ブルゴーニュのシャルドネもカニにはよく合います。シャブリも悪くありませんが、よりおすすめしたいのは、銘醸地コート・ド・ボーヌの白、特にピュリニー・モンラッシェです。ピュリニーの白は、果実味・酸味・ミネラル・樽香、全てが高レベルでバランスが取れているのが魅力。当然守備範囲も広く、特に樽香がある分、焼きガニの香ばしさや、バター焼きグラタンなどのこってり系とストライクゾーンど真ん中で調和します。

おすすめのブルゴーニュ白:
ピュリニー・モンラッシェ/ドメーヌ・ルフレーヴ(ブルゴーニュ最高の白の造り手)
楽天市場Amazon

ブルゴーニュ赤


どちらかと言えば、カニは赤よりも白が合いますが、どうしてもを合わせたい場合は、ピノノワールしかないでしょう。それも繊細でエレガントなブルゴーニュ産です。ブルゴーニュ・ピノの繊細な旨味熟成感は、出汁醤油に通じるものがありますので、醤油ベースの出汁で造るカニ鍋カニすき、あるいは醤油で食べるカニの刺身などに合います。ただし味付けはあくまで上品に。出汁をあまり濃い味付けにしたり、醤油をベッタリつけて食べるのは禁物ですよ!

おすすめのブルゴーニュ・ピノノワール:
フィリップ・パカレ(ワイン自体がまさに出汁!薄旨系ピノ)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る