ジビエに合うワイン5選

スポンサーリンク

ジビエ」とは狩猟によって得られたお肉の総称。よく知られたところでは鹿、猪、野ウサギ、雉、真鴨などがあります。独特の野性的な風味があり、ワインも同様に野性的な香りがある赤ワインが好相性です。以前の記事「鴨肉に合うワイン」でご紹介したワインとはどれも合いますが、今回はなるべくそれと被らないようにし、ややマニアックなものも交えながら、ジビエに合うワインをご紹介します。

スポンサーリンク



シラー(コート・デュ・ローヌ)


ジビエに合うワインとしてまず名前を挙げなくてはいけないのがローヌのシラー主体のワインです。シラーの特徴である血やなめし皮などのワイルドな風味と、黒コショウのようなスパイシーな香りは、ジビエとは最高の相性。ローヌワインはシラーとグルナッシュのブレンドが多いので、なるべくシラーの比率が高めのものをおすすめします。

おすすめのシラー:
クローズ・エルミタージュ/E.ギガル(シラー100%。シラーの魅力が詰まった1本)
楽天市場Amazon

マディラン


フランスワインからもう一本、ボルドーのお隣、南西地方マディランを選びたいと思います。南西地方は「森鳩のサルミソース」「子猪の煮込み」などのジビエ料理が有名な地域。タンニン豊富力強く、いい意味で素朴さを感じるマディランは、これらのジビエ料理とよく合います。

おすすめのマディラン:
マディラン・シャトー・ダイディ”オデ・ダイディー”(タナの魅力を追求している造り手)
楽天市場Amazon

ブルネッロ・ディ・モンタルチ-ノ


イタリアでもジビエは大変好まれており、トスカーナ地方では、「猪肉の串焼き(チンギアーレ・アッロ・スピエード)」という郷土料理があります。赤ワインの銘醸地トスカーナですので、これに合うワインはいろいろ考えられますが、中でも定番とされているのがブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。バローロ、バルバレスコと並ぶ、イタリア3大赤ワインの一つで、その濃厚さとタンニンの強さから、4年以上の熟成(2年以上の樽熟成)が必須とされている力強いワインです。

おすすめのブルネッロ・ディ・モンタルチ-ノ:
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ/ピアン・デッレ・クエルチ(安旨ブルネロ。初心者はまずこれから)
楽天市場Amazon

カンノナウ・ディ・サルデーニャ


イタリア・サルデーニャ地方は、「野ウサギのサルデーニャ風(レープレ・アッラ・サルダ)」が郷土料理として知られています。これに合わせる定番とされているのがカンノナウ・ディ・サルデーニャ。ボディはミディアムながら深みのある複雑な味わいで、シラーに通じる獣臭スパイスの香りが魅力です。

おすすめのカンノナウ・ディ・サルデーニャ:
カンノナウ・ディ・サルデーニャ/セッラ&モスカ(スタンダード版もよいですがリゼルヴァが素晴らしい!)
楽天市場Amazon

モンテファルコ・サグランティーノ


イタリア・ウンブリア地方は、「山鳩の焙り焼き(パロンブ・アッラ・ギオッタ)が郷土料理として知られています。これに合わせる定番とされているのがモンテファルコ・サグランティーノ。果実味・タンニン共に豊富で凝縮感のあるフルボディで、飲み応え抜群。風味の強いジビエとの相性は抜群です。

おすすめのモンテファルコ・サグランティーノ:
RC2 サグランティーノ・ディ・モンテファルコ/ファレスコ(とにかく濃い!抜栓して一週間は楽しめる)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る