そばに合うワイン5選

スポンサーリンク

てんぷらや寿司と並ぶ日本を代表する料理の「蕎麦」。コシ、歯切れ、喉越しを楽しむものと思われがちですが、繊細ながらしっかりとした香り旨みもあり、美味しいお酒と合わせることでその旨さは際立ちます。

蕎麦に合わせるお酒は、日本酒や蕎麦焼酎もよいですが、是非ワインも合わせてみてください。意外に思う方もいるかもしれませんが、蕎麦は、蕎麦つゆ(かえし+出汁)共々、実はワインとの接点がいろいろあり、ワインもよく合うのです。ここでは蕎麦に合うワインをご紹介します。

スポンサーリンク



甲州


そばに合うワインとして最初に思いつくのが甲州です。甲州ワインの特徴であり魅力は、果皮に由来するほのかな苦み。この風味は、寿司を包むこともある柿の葉に例えられることもありますが、これがまさに香り高い蕎麦の風味とドンピシャの相性なのです。お互いの香りを引き立て、蕎麦とワイン両方をさらに美味しいものにしてくれます。

ちなみに、残りのそばつゆには普通そば湯を入れて飲みますが、そば湯の代わりに甲州ワインを入れて飲むのもなかなかオツな味わいです。一度試してみてください。

おすすめ甲州(1):
グレイス グリド甲州(果皮から出る旨味がたっぷり。爽やかだが余韻が長い)
楽天市場Amazon
おすすめ甲州(2):
グレイス 甲州 鳥居平畑 プライベートリザーブ(現時点で日本最高峰の甲州ワイン)
楽天市場Amazon

シャンパーニュ


シャンパーニュシャンパン)は、長期間酵母に触れて醸造されるために、他のワインよりも旨味成分であるアミノ酸が多く含まれています。アミノ酸と言えば、そばつゆにも含まれる昆布出汁の旨味の主成分。昆布出汁にはもちろん合いますし、カツオ出汁と併せても旨みの相乗作用が起こります。もちろん蕎麦自体の旨み成分とも接点が大きいので、蕎麦の美味しさを全体的にアップさせてくれるワインと言えるでしょう。

おすすめシャンパーニュ(1):
ダルマンヴィル・ブリュット(なぜこんなに安い?!今注目のシャンパーニュ)
楽天市場Amazon
おすすめのシャンパーニュ(2):
エグリ・ウーリエ・エクストラ・ブリュットV.P.
(熟成期間最低5年で複雑な旨味がたっぷり。ちょっとお高いですがおすすめの逸品)
楽天市場Amazon

シードル


一つ変わり種で紹介しておきたいのが、りんごで造ったワイン「シードル」です。実は蕎麦を食べる国は日本だけではありません。フランスブルターニュ地方では、蕎麦粉のクレープ「ガレット」が親しまれており、シードルはそのブルターニュ地方で造られています。リンゴ特有の爽やかな香りと酸味、リンゴのポリフェノールに由来するほのかな苦みは日本の蕎麦とも好相性です。

ただし、フランスのシードルは辛口(ブリュット)でも甘味があり「スイーツ」感があるので、食事と合わせるには好き嫌いが分かれるかもしれません。そこでおすすめしたいのは日本のシードルです。「辛口」は本当に辛口で、ふじや紅玉などお馴染みの食用りんごを使うことが多いため、繊細でピュアな味わいです。蕎麦のみならず和食全般とよく合うでしょう。

おすすめのシードル(1):
はすみファームシードル(華やかな香りと苦み・ドライ感が素晴らしい。繊細さと力強さが共存)
楽天市場Amazon
おすすめのシードル(2):
タムラシードル・辛口(おすすめはAlc9%のタイプ。シャープな酸味と強い苦みのある骨太な味わい)
楽天市場Amazon

ピノノワール


蕎麦は繊細な旨みが魅力ですので、ここまで紹介してきたように、どちらかと言えば赤ワインよりも白ワインの方が相性がよいとは言えます。ただし、蕎麦に含まれる「ルチン」という成分は、赤ワインにも含まれるポリフェノールの一種ですので、軽めの赤ワインを合わせるのも悪くありません。特におすすめはピノノワールです。ピノノワールの繊細な旨みは出汁と相性がよく、また熟成してくると醤油のような香りも出てきます。さらにはとも相性がよいので、鴨南蛮と合わせるのにおすすめです。
【関連記事】
味噌・醤油に合うワイン5選
鴨肉に合うワイン5選

おすすめのピノノワール(1):
フィリップ・パカレ(高級だが一度試してほしい。ワイン自体がまさに出汁!薄旨系ピノ)
楽天市場Amazon
おすすめのピノノワール(2):
コノスル・ピノノワール・オーガニック(さすがのコノスル。1000円未満のピノの中では秀逸)
楽天市場Amazon

ロゼワイン


前項で軽めの赤ワインが合うとご紹介しましたが、それと同じ感覚で、赤と白の中間であるロゼワインも合わせるのもおすすめです。ロゼワインのタンニンは、蕎麦のほのかな渋み・苦みとちょうどよいバランスです。

日本の蕎麦ですので、ワインも日本のロゼを合わせてみましょう。ロゼと言うと甘口のイメージがある方もいるかもしれませんが、日本にも、シャトー・メルシャン「アンサンブル ももいろ」など素晴らしい辛口ロゼがあります。

あるいは、蕎麦つゆかえし)には砂糖やみりんが含まれていて甘味があるので、やや甘口のロゼもよく合います。甘いものに甘口を合わせると意外と甘みは気にならず、むしろワインの酸味や他の要素が引き立つのです。ココファームの「ここロゼ」などはおすすめの一つです。

おすすめロゼワイン(1):
シャトー・メルシャン アンサンブル ももいろ(伊勢志摩サミットで振舞われた本格派ロゼ)
楽天市場Amazon
おすすめロゼワイン(2):
こころぜ/ココ・ファーム(こちらは沖縄サミットで振舞われたやや甘口。甘めの和食によく合う)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る