シュトーレンに合うワイン5選

スポンサーリンク

クリスマスシーズンに定番のドイツの菓子パン「シュトーレン(シュトレン)」。ドライフルーツナッツが練り込まれており、ワインともよく合います。ワインを合わせるなら、是非甘口ワインを合わせましょう。甘口ワインは苦手と言う方もいるかもしれませんが、どんな甘口でもワインには酸味があるので、シュトーレンと合わせると、意外に甘ったるくなく、後味すっきりとした味の調和を楽しむことができます。ここではシュトーレンに合うワインをご紹介します。

スポンサーリンク



リースリング(甘口)


シュトーレンと言えばドイツ。ドイツの甘口ワインと言えばリースリングです。冒頭でもご紹介したように、甘口ワインとは言っても、ワインには酸味があるので、甘いお菓子と合わせても意外と甘くは感じないものです。特にリースリングは全てのブドウの中でも酸味が豊かな品種。シュトーレンと合わせると、レモンを思わせる酸味が甘味の中のアクセントになると共に、後味をすっきりさせてくれます。

おすすめのリースリング(甘口):
トラベーナ・ウルツガルテン・リースリング・カビネット
(上品な半甘口。余韻まで酸とミネラルが伸びる)
楽天市場Amazon

シャンパーニュ(甘口)


スパークリングワインの最高峰「シャンパーニュ」は辛口が主流ですが、実は甘口もあります。フランス最北のワイン産地であるシャンパーニュは冷涼なのでブドウは酸味が豊か、また酵母と長期間接触して造られるため旨み(アミノ酸)がたっぷり含まれるワインです。もちろんシュトーレンともよく合います。是非「泡」と「甘さ」以外に、「酸」と「旨み」にも注目して甘口シャンパーニュを味わってみてください。

また、シャンパーニュの華やかさはクリスマスの雰囲気にもピッタリです。一般的な白のシャンパーニュもよいですが、ロゼならさらに華やかさが増すでしょう。華やかさだけでなく、ロゼの場合、赤い果実の風味がシュトーレンのレーズンとも寄り添います。

おすすめのシャンパーニュ(甘口):
モエ・エ・シャンドン・ネクター・アンペリアル(白/ロゼ)
(「ネクター」の名の通りほのかに桃が香る。スパイス感もありシュトレーンによく合う)
楽天市場Amazon

シェリー(クリーム)


ちょっとひねったところでは、甘口のシェリーも魅力的です。甘口のシェリーにもいろいろなタイプがありますが、おすすめは、酸化熟成した辛口の「オロロソ」と、極甘口の「ペドロヒメネス」をブレンドした「クリーム」と呼ばれるタイプ。オロロソ特有のナッツカラメルなどの奥深い風味と、ペドロヒメネスのドライフルーツのような甘味が、シュトーレンのナッツレーズンとぴったりマッチします。そのまま飲むのもよいですが、氷を入れたオン・ザ・ロックも定番の飲み方です。

おすすめのシェリー(クリーム):
ハーベイ・ブリストル・クリーム(甘口シェリーの定番中の定番。大人向けの複雑で奥深い甘味)
楽天市場Amazon

ピノー・デ・シャラント


さらにもうひとひねりして、珍しもの好きの方は是非ピノー・デ・シャラントを試してみて下さい。ピノー・デ・シャラントとは、発酵前の甘いブドウ果汁ブランデー(コニャック)をブレンドして熟成させた酒精強化ワインの一種。まさにワインとブランデーのいいとこ取りをしたような甘口ワインで、特に材料にブランデーを使用したシュトーレンと最高の相性です。白とロゼがあり、どちらもシュトーレンには合いますが、個人的にはロゼが好みです。

おすすめのピノー・デ・シャラント:
ピノー・デ・シャラント(白/ロゼ)/フランソワ・ペイロー
(家族経営の造り手。ハチミツやカラメル、バニラの芳醇な香り)
楽天市場Amazon

グリューワイン(ホットワイン)


寒い冬は、温かいグリューワインホットワイン)を飲むと体も心も温まります。実際、ドイツのクリスマスシーズンは、グリューワインとシュトーレンを合わせて楽しむのが一つの定番です。グリューワインの作り方は簡単。安いワインや飲み残しのワインを火にかけ、砂糖ハチミツシナモンクローブなどお好みのスパイスを加えて、沸騰させない火加減で温めるだけ。それでも、自分で作るのは面倒という方は、できたものを買ってしまいましょう。カップに注いでレンジでチンするだけでグリューワインが楽しめます。

おすすめのグリューワイン:
シュテルンターラー・グリューワイン
(数少ない香料不使用のグリューワイン。赤が定番だがシュトーレンには白もよく合う)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る