焼肉に合うワイン5選

スポンサーリンク

「焼肉にはビール」と決めている人もいるかもしれませんが、焼肉にはワインがとてもよく合います。むしろ、お腹が膨れてしまうビールよりも、ワインを合わせたほうが、肉をより美味しく味わえるはずです。赤白どちらか言えば、赤ワインがよいでしょう。ただし、焼肉のタレが甘いことに注意してください。渋み・酸味が強いワインはそれらが強調されてしまうので、果実味が豊かで酸味が少ない、そしてスパイシーさのある赤ワインがオススメです。また、焼肉の食べ方によっては、白ワインが合う場合もあります。ここでは、焼肉に合うさまざまなタイプのワインをご紹介します。

スポンサーリンク



白ワイン(お好みのタイプ)


焼肉を、焼肉のタレではなくでいただくような場合には、白ワインもよいでしょう。タン塩などレモンが合うものには、レモンをを絞る感覚で酸味豊かな白ワインを、特に炭火の風味に似た樽の香りがあるボルドーのソーヴィニヨンブランなどはピッタリです。または、サシがたっぷり入った特上カルビなども、タレではなく塩で食べるのがオススメで、その場合は、ニューワールドの濃厚なシャルドネが合います。ただし、焼肉全体の流れでみれば、塩で食べるものはあまり多くないはずなので、あまり神経質にならずお好みの白ワインを選べばよいでしょう。

・ボルドーのソーヴィニヨンブラン:楽天市場Amazon
・ニューワールドのシャルドネ:楽天市場Amazon

ロゼワイン(お好みのタイプ)


焼肉は、全体的には赤ワインのほうが合いますが、前項でご紹介したように、中には白ワインのほうが合うものもあります。しかしそれは割合的には少ない。そこで、最初の1本は、白と赤の中間を取ってロゼワインなどいかがでしょうか。次に赤ワインに入るまでのちょうどよい橋渡しになるかと思います。これもお好みのタイプで構いません。白寄りにしたければプロヴァンスなどの淡いロゼ、赤寄りにしたければタヴェルなどの濃いロゼ、タレの味との調和を考えるならホワイトジンファンデルなどの薄甘口、等々さまざまなタイプがありますので、メンバーの好みや焼肉の流れを考えてチョイスするとよいでしょう。

・プロヴァンス・ロゼ:楽天市場Amazon
・タヴェル(濃い辛口ロゼ):楽天市場Amazon
・ホワイトジンファンデル:楽天市場Amazon

ニューワールドのカベルネソーヴィニヨン


焼肉に合うワインの本番はここからです。焼いた肉の旨味や炭火の香ばしい風味、醤油ベースの焼き肉のタレはやはり赤ワインのイメージ、特にカベルネソーヴィニヨンなどの力強いタイプがピッタリ来ます。中でも、タレの甘みを考えると、カベルネの中でもあまり酸味がなく果実味豊富な、チリオーストラリアアメリカなどのニューワールドがよいでしょう。

おすすめワイン:
サイクルズ・グラディエーター・カベルネ・ソーヴィニヨン
楽天市場Amazon

南仏のシラー+グルナッシュブレンド


焼肉には下味に黒コショウがふられている場合がありますし、焼肉のタレに黒コショウが入っている場合もあります。いずれにしても、「焼肉と黒コショウ」が合うことは誰しも容易に想像できるでしょう。そこでオススメなのは、黒コショウなどのスパイシーな香りが特徴的な南仏のシラーという品種です。シラー自体果実味も豊富ですが、さらに凝縮した果実味のあるグルナッシュという品種とブレンドされることが多く、焼肉のタレとの相性もピッタリ。造り手によって、シラー多め、グルナッシュ多め…などブレンド比率はさまざまですが、それぞれで違ったマリアージュを楽しめるでしょう。

おすすめワイン:
シャプティエ・コート・デュ・ローヌ “ベルルーシュ”(シラーズ50%、グルナッシュ50%)
楽天市場Amazon

赤のスパークリング


面白いのは、近年オーストラリアで増えている赤のスパークリングワイン(辛口)です。シラーズを使ったタイプが多く、果実味がとても豊かでスパイシーさもあります。肉の旨味やタレの甘みとの調和も楽しみつつ、シュワシュワの泡で余韻は爽やか。きっと次の肉をもう一枚食べたくなるでしょう!よく冷えているという点でも熱い焼肉には合いますし、華やかさがあるので焼き肉の雰囲気を盛り上げるのにも一役買うはず。是非一度お試しください!

おすすめワイン:
ジェイコブス・クリーク・シラーズ・スパークリング
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る