ロールキャベツに合うワイン5選

スポンサーリンク

優しく煮込まれた挽き肉と甘いキャベツのハーモニーが美味しいロールキャベツ。ワインとの相性を考える上では、ざっくりとスープが透明または白なら白ワイン赤または濃ければロゼ~赤ワインという具合に使い分けるとよいでしょう。ここでは、さまざまなロールキャベツのタイプ毎に合うワインをご紹介します。

スポンサーリンク



シャンパーニュ(シャンパーニュ製法のスパークリング)


コンソメ和風の出汁で煮込んだ透明なスープのロールキャベツにはシャンパーニュまたはシャンパーニュ製法のスパークリングがオススメです。酵母と長期間接触して醸造されるシャンパーニュは、旨味成分のアミノ酸が他のワインより豊富。コンソメや和風出汁の滋味深い旨味とよく合います。

おすすめシャンパーニュ:
ダルマンヴィル・ブリュット(なぜこんなに安い?!今注目のシャンパーニュ)
楽天市場Amazon
おすすめのシャンパーニュ製法スパークリング:
ウ・メス・ウ・ファン・トレス ブリュット(絶品カヴァ。一番絞り果汁のみを使用し、15ヶ月熟成)
楽天市場Amazon

シャルドネ(樽熟成)


クリームソースで煮たロールキャベツには、樽熟成したふくよかなタイプのシャルドネがおすすめ。このタイプのシャルドネは果実味にボリューム感があって、酸味はまろやか、バターやヨーグルトなど乳製品の香りがあるので、こってりまろやかなクリームソースとよく合います。

おすすめのシャルドネ:
クレマスキ・フルロッティ シャルドネ・シングル・ヴィンヤード(なんと1000円ちょっと!ハイコスパの濃厚シャルドネ)
楽天市場Amazon

ロゼワイン


マリアージュの法則の一つに「色の白い(薄い)ものには白ワイン」「色の濃いものには赤ワイン」というものがあります。上記2項のようにスープ(ソース)が透明または白色の場合には白ワインと分かりやすいのですが、白か赤か判別しにくいこともあります。例えば和風出汁に醤油を多少加えた場合や、トマト缶ではなくフレッシュトマトを加えて軽く煮たような場合です。そんなときはロゼにするのが賢明な選択です。ロゼワインは味わいは白に近いですが、香りは赤に近く、白・赤どちらの要素にもほどよく寄り添います。ちなみにロゼというと甘口というイメージを持っている方が多いようですが、下のリンクでご紹介しているロゼはどちらも辛口です。

おすすめのロゼワイン(1):
プロヴァンス・ロゼ・キュヴェ・マリー・クリスティーヌ/シャトー・ド・ロムラード(飲み口爽やか、白寄りのロゼ。)
楽天市場Amazon
おすすめロゼワイン(2):
タヴェル(濃い目でスパイシー、赤寄りのロゼ)
楽天市場Amazon

ピノノワール(フランス産)


ロールキャベツのソース(スープ)で最も一般的なのはトマトソースかと思います。トマトソースに合うワインはいろいろ考えられるのですが、ここであえておすすめしたいのはフランス産のピノノワール。トマトは旨味成分の一種であるグルタミン酸が豊富で、ピノノワール特有の出汁に通じる繊細でエレガントな風味とよく合うのです。トマトもピノノワールも酸味が豊かなのでその点でも好相性、また、ピノノワールはシャンパーニュ同様、コンソメや和風出汁などあっさり系のスープとも合うので、その守備範囲の広さも魅力です。

おすすめのピノノワール:
ブルゴーニュ・ルージュ クーヴァン・デ・ジャコバン/ルイ・ジャド(安心・安定のルイ・ジャド)
楽天市場Amazon
おすすめのブルゴーニュ・ピノノワール:
フィリップ・パカレ(高級だが一度試してほしい。ワイン自体がまさに出汁!薄旨系ピノ)
楽天市場Amazon

コート・デュ・ローヌ赤


ピノノワールよりもちょっと濃いめのイメージがこちら。コート・デュ・ローヌの赤フルボディに近いミディアムで、果実味とスパイシーさを兼ね備えています。牛挽肉でつくったロールキャベツや、挽肉にスパイスをたっぷり効かせたもの、濃いめに煮詰めたトマトソースと合わせるのにおすすめです。

おすすめのコート・デュ・ローヌ赤:
コート・デュ・ローヌ・ルージュ/E・ギガル(安定の美味しさ。ローヌの巨人ギガル)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る