カマンベールチーズに合うワイン5選

スポンサーリンク

「チーズはワインと合うもの」と多くの人が考えていると思いますが、実は白カビ系チーズとワインを合わせるのは意外に難しくで、特に赤ワインを合わせるときには注意が必要です。白カビ系チーズの中にもタイプがいろいろありますが、ここでは、あまりクセのない一般的なカマンベールチーズについて、相性のよいワインをご紹介します。

スポンサーリンク



シードル


カマンベールチーズの元祖は、フランスのノルマンディー地方で造られる、その名も「カマンベール・ド・ノルマンディー」です。そしてそのノルマンディー地方は、リンゴで造られる発泡酒「シードル」の特産地でもあります。「地元の食べ物とワインは合う」という原則通り、リンゴの優しい果実味と酸味はカマンベールチーズの風味を引き立てますし、シードルのほのかな苦みはカマンベールの外皮の苦みと綺麗に寄り添います。シードルには辛口と甘口がありますが、基本的に甘口ワインはチーズと相性がよいので、どちらでもOK。シードルを買って飲んだことのある方はあまり多くないかもしれませんが、是非一度試してみてください。

シードル各種
楽天市場Amazon

シュナンブラン(ロワール)


「いくらシードルが合うとは言っても、やはり普通のワインと合わせたい」という方もいるでしょう。そこでキーになるのは、シードルと共通する「リンゴの風味」です。実はすっきりタイプの白ワインにはリンゴの風味があるものが多いのですが、そんな中でもリンゴの風味が特に強いのが「シュナンブラン」というブドウ品種です。りんごの蜜、かりん、あんず、白や黄色の花などの華やかな香りがあり、いかにも甘そうに思われるのですが、飲んでみると意外に酸味がしっかり感じられ、味わいは爽やか。フランスのロワール地方のものが有名で、「ヴーヴレ」「サヴニエール」「クレマン・ド・ロワール」などがオススメです。

ヴーヴレ楽天市場Amazon
サヴィニエール楽天市場Amazon
クレマン・ド・ロワール楽天市場Amazon

樽熟成したシャルドネ


リンゴとは別の方向性でカマンベールと合うのが、樽熟成したシャルドネです。樽熟成したシャルドネは、一般的に酸味がまろやかで、バターやヨーグルトのような乳製品系の香りが出てくるので、カマンベールチーズのクリーミーさと合うのです。さらに、木樽に由来するバニラの香りも、チーズの風味を引き立ててくれます。ワインはさほど高価なものである必要はなく、酸味が穏やかなニューワールドのものや、またはフランス産であれば「ブルゴーニュ・シャルドネ」などがオススメです。ただし、木樽の風味が強すぎてコーヒーのような香りがするものは、カマンベールと合わせると苦みが強調されることもあるので注意してください。

おすすめの樽熟成したシャルドネ(1):
グレイヴリー・フォード・シャルドネ(カリフォルニニア)
(樽香がほどよくクリーミー。パイナップルや黄桃などの熟した果実味。コスパ抜群!)
楽天市場Amazon
おすすめの樽熟成したシャルドネ(2):
ブルゴーニュ・シャルドネ/ドミニク・ローラン
(樽香で有名な造り手だが、ステンレスタンクを併用することによって、樽が強すぎず良いバランス)
楽天市場Amazon

シャンパーニュ


シャンパーニュは非常に守備範囲の広いワインです。アミノ酸の塊である澱(おり)に長期間接触した状態で熟成するシャンパーニュは旨味がたっぷりきめ細やかな泡がチーズの旨味をしっかり包み込み、ワインの旨味とチーズの旨味が奥行きのあるハーモニーを生み出すでしょう。また、シャンパーニュにはトースト香があるものが多いので、「焼きカマンベール」的なレシピとの相性も抜群です。

おすすめのシャンパーニュ:
シャルル・デュ・ロワ・ブリュット
(格安!ピノノワール70%で果実味しっかり。トーストの香りもあり、飲み応え抜群)
楽天市場Amazon

グルナッシュ主体の赤ワイン


ここまで白ワインばかり紹介してきたので、「赤ワイン好きはどうしたらよいのか?」という声が聞こえてきそうです。冒頭で触れたように、白カビ系チーズと赤ワインの相性はなかなか難しいものがあります。一つ言えるのは、価格的にもお手頃な一般的なカマンベールチーズは、風味が穏やかなので、酸味・渋みの強いいわゆるフルボディの赤ワインとの相性はよくありません

そこで提案です。カマンベールチーズにイチゴジャムやブルーベリージャムを乗せて食べたことはあるでしょうか?やったことのある人は分かると思いますが、ベリー系のジャムとカマンベールチーズは抜群に合うのです。これと同じ感覚で、ジャムのような濃厚な果実味のある赤ワインとカマンベールチーズを合わせてみましょう。この系統のワインにもいろいろありますが、、南フランスのグルナッシュというブドウが主体になっているものだったらだいたい間違いありません。食中であれば辛口がよいと思いますがが、食後だったら「バニュルス」や「モーリー」などの酒精強化した甘口と合わせるのもなかなかオツです。是非お試しください!

おすすめのグルナッシュ主体の赤ワイン:
ラ・パッション・グルナッシュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ
(グルナッシュ100%、古樹のブドウならではの凝縮感も相まってまさにジャムの味わい)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

お知らせ

ページ上部へ戻る