鶏肉に合うワイン5選

スポンサーリンク

鶏肉に合うワインは何ですか?肉だから赤ワインですか?」などと聞かれることがたまにあります。その答えは「調理法によります」。鶏肉に限りませんが、どんな食材も、その調理法によって合うワインはガラリと変わってくるもの。特に鶏肉はクセのない白身の肉なので、調理法も幅広いさまざまなバリエーションがあり、「鶏肉に合うワイン」を一言で説明することは不可能です。

また一昔前は「肉には赤ワイン、魚には白ワイン」と言われていた時代もありますが、最近では「ワインは料理の色に合わせる」という考え方が主流になっています。ざっくり言えば、「料理の色が白っぽければ白ワイン、赤茶~黒のような色だったら赤ワイン」というものです。

そこでここでは、日本人にも馴染み深い鶏肉料理をいくつか考え、それらに合うワインをざっくり5つのタイプに分けてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



リースリング(辛口)


リースリングの特徴は、シャープな酸味と、柑橘系の香り、豊かなミネラルです。「酸味・柑橘=レモン」「ミネラル=塩」と考えてみてください。塩とレモンをかけて食べたくなる鶏肉料理にはリースリングがよく合います。例えば「鶏のから揚げ」「鶏もも肉の塩焼き」「ローストチキン」「海南鶏飯(ハイナンチキンライス)」「チキンポトフ」などの料理におすすめです。

おすすめリースリング:
トリンバック・アルザス・リースリング
(辛口リースリングのお手本。口の中を引き締めるような酸味が心地良い)
楽天市場Amazon

シャルドネ(樽熟成)


料理の色合いとしては白でも、もっとこってりとした感覚の鶏肉料理には「樽熟成したシャルドネ」が合います。樽熟成したシャルドネの酸味はまろやかで、ヨーグルトバターのような乳製品の香りがあり、また樽から来るナッツバニラのような香ばしさやコクもあります。「鶏肉のクリーム煮(フリカッセ)」「鶏肉のグラタン」「チーズチキンカツ」「棒棒鶏(バンバンジー)」などクリーム、チーズ、ゴマを使った鶏肉料理のコクと相乗効果が生まれるでしょう。

おすすめのシャルドネ:
クレマスキ・フルロッティ シャルドネ・シングル・ヴィンヤード(ハイコスパの濃厚シャルドネ)
楽天市場Amazon

ピノ・ノワール


醤油味噌を使って香ばしく焼いた鶏肉料理には、ミディアムボディの赤ワイン、特に醤油の熟成感や旨味に通じるものがあるピノノワールとよく合います。またピノノワールの酸味に例えられることもあり、梅肉を使った調理法とも好相性です。料理は「鶏肉の照り焼き」「鶏もも肉の味噌ダレ焼き」「鶏肉ときのこの味噌炒め」「鶏むね肉の梅肉ソース」などが挙げられます。

おすすめのピノノワール:
ブルゴーニュ・ルージュ クーヴァン・デ・ジャコバン/ルイ・ジャド(安心・安定のルイ・ジャド)
楽天市場Amazon

フルボディの赤


鶏肉をじっくり煮込んで仕上がり色のが茶色っぽくなった料理、特に黒コショウクローブなどのスパイスをたっぷり使った料理には、フルボディの赤ワインが合います。料理としては「鶏肉のトマト煮込み」「鶏肉の赤ワイン煮込み」「チキンのデミグラスソース煮」「鶏肉の味噌煮込み」などです。ただし「トマト煮込み」に関してはちょっと微妙で、酸味や爽やかさが目立つ場合には、あまり濃い赤ワインよりはややミディアム寄り、あるいは前項のピノノワールなどがよいでしょう。

おすすめのボルドー赤:
ル・オーメドック・ド・ジスクール(ボルドー・メドック3級ジスクールのセカンド。素晴らしいコスパ)
楽天市場Amazon

ロゼワイン/ロゼスパークリング


ここまでご紹介してきた通り、「料理の色が白っぽければ白ワイン、茶色に近ければ赤ワイン」というのが料理とワインのマリアージュのシンプルな原則です。しかし、実際の料理では、白赤どちらとも決めかねる場合も少なくありません。例えば「鶏肉の醤油バター焼き」では「バターなので樽熟成のシャルドネか?でも醤油はピノノワールか?」となります。他にも「チキン南蛮」「ねぎと鶏肉のチーズ味噌焼き」「鶏肉の醤油バターソテー」「タンドリーチキン」「鶏のちゃんちゃん焼き風」「鶏もも焼きおろしポン酢」なども白赤どちらかにしようか迷うところです。

迷ったときに白赤どちらを選ぶかは、個人の好みやそのときの気分もあるので、どちらも悪いとは言いません。それでも、もしどうしても迷ったら、白と赤の中間のロゼを選びましょう。ロゼワインは料理のさまざまな要素と接点を持ち、どんな料理とも手堅く寄り添ってくれます。特にスパークリングのロゼ(中でもシャンパーニュ製法のもの)は懐が深く、最強のオールマイティーワインです。

おすすめロゼスパークリング:
ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ・ブリュット(シャンパーニュ製法。ドンペリロゼより旨い説あり)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る