フォワグラに合うワイン5選

スポンサーリンク

フォワグラに合うワインは、「白の甘口」が定番とされています。甘口と言ってもいろいろなタイプがありますが、特に甘さの濃厚なものがよいでしょう。しかし、では「辛口は合わないのか?」「赤は合わないのか?」という疑問も出てくるかと思います。ここでは、甘口に限らず、さまざまな角度から、フォワグラに合うワインをご紹介します。

スポンサーリンク



シャンパーニュ

白の甘口(貴腐ワインなど)


最初に触れたように、やはりフォワグラに合うワインは「白の甘口」、その中でも貴腐ワインのような甘さが濃厚なものは特によく合います。フォワグラの脂の甘みは、ワインの濃厚な甘みと出会うことによって、お互いを昇華させるのです。ポートなど赤の甘口も悪くはないですが、脂は白いですので、その風味的にどちらかと言えば白のほうが合います。

また、フォワグラの有名な産地が、白の甘口ワインの産地でもあることも関係しています。「地元の料理とワインは合う」というマリアージュの原則です。以下は、フランスの代表的なフォワグラの産地と、そこで作られる甘口ワインです。高価なものや、入手しにくいものもありますが、フォワグラと合わせるのに間違いないものばかりですので、興味のある方は是非試してみてください。

南西地方
・パシュラン・デュ・ヴィク・ビル(陰干しブドウから造る):楽天市場Amazon
・ジュランソン(遅摘みブドウから造る):楽天市場Amazon
アルザス/ロレーヌ
・ピノグリ ヴァンダンジュ・タルディヴ(遅摘みブドウから造る):楽天市場Amazon
・ピノグリ セレクション・ド・グラン・ノーブル(貴腐ブドウから造る):楽天市場Amazon
・ゲビュルツトラミネール ヴァンダンジュ・タルディヴ(遅摘みブドウ):楽天市場Amazon
・ゲビュルツトラミネール セレクション・ド・グラン・ノーブル(貴腐ブドウ):楽天市場Amazon

ゲビュルツトラミネール辛口


フォワグラに甘口が合うとは言いつつも、甘口ワインはそうたくさんは飲めませんし、料理の流れ的に甘口を飲むのが難しい場合もあるでしょう。そんなときにオススメなのが、「ゲビュルツトラミネールの辛口」です。上でご紹介したように、フランスのアルザスは、有名なフォワグラの産地でもあり、ゲビュルツトラミネールの産地でもあります。ゲビュルツという品種は、ライチやバラ、白いスパイスのような華やかで複雑な香りがあり、味わいは、辛口でも口当たりがほんのり甘く感じ、酸味は少な目。甘口ワインに近いイメージでフォワグラと合わせることができ、しかも香りにインパクトがあるので、フォワグラの存在感にも負けません。且つ、辛口ですので、甘口よりも守備範囲は広いです。フォアグラの他にも、カレー、ブルーチーズ、スイーツなど、一見ワインと合わせにくそうなものにも合わせることができ、とても重宝するワインの一つです。

ゲビュルツトラミネール辛口
楽天市場Amazon

ニューワールドのシャルドネ


ゲビュルツとはかなり違うタイプながら、白の辛口でやはりフォワグラに合うのが「ニューワールドのシャルドネ」です。「ニューワールド」とは、アメリカ、オーストラリア、チリ、アルゼンチン、南アフリカ等々、ワインの新興国のことで、全般的には、気候が温暖なため果実味に凝縮感があり、酸味は控えめ、香ばしい樽の香りがある、という共通点があります。香ばしい樽の香りは、クリーム煮などのこってりとした料理と相性がよく、フォワグラの脂の甘さともよく合います。

ニューワールドのシャルドネ
楽天市場Amazon

シャンパーニュ


シャンパーニュシャンパン)」を、ただシュワシュワと泡の出る、軽いスパークリングワインと思ってはいけません。フランスのシャンパーニュ地方で、選りすぐられたブドウを、複雑且つ精密な工程で発泡酒に仕立て、長期間熟成させて作る、フランス人の英知の結晶と呼んでもよいワインなのです。シャンパーニュは食前酒として飲まれることが多いですが、実はそれはもったいないことで、メイン料理にも合わせることができる力強さと芳醇さを持っています。シャンパーニュこそが最も守備範囲の広いワインであると言っても過言ではないでしょう。もちろんフォワグラとも合いますし、高価なもの同士という点でもバランスがよいと思います。シャンパーニュの中でも、特に熟成期間が長く、力強く複雑な風味を持つものがオススメです。

シャンパーニュ
楽天市場Amazon

力強い赤ワイン


ここまで、甘口・白口・発泡問わず白ワインばかり紹介してきました。実際、フォワグラと赤ワインを合わせるのはあまり一般的ではありませんが、では全く合わなのいかと言うと一概にそうとも言えません。一つには、フォワグラの調理法も関係します。フォワグラのテリーヌやパテなど、フォワグラを冷たい(白い)まま食べる場合は白ワインのほうが合うと思いますが、ポワレし、ソースをかけたものは赤ワインも十分合います。例えば、フォワグラのソース(調理)には、赤ワイン、ベリー、バルサミコ、トリュフ、黒コショウなどが使われることがありますが、これらの食材はどれも赤ワインと相性がよいものばかりで、むしろ赤ワインのほうが相性がよいとも言えるでしょう。ただし、軽い赤ワインは合いません。フォワグラの甘さを引き立てるために、果実味が豊富で酸味は控えめ、味わいが力強いものがオススメです。例えば南仏のシラー、オーストラリアのシラーズ、カリフォルニアのカベルネソーヴィニヨンなど、ボルドーであれば右岸よりは左岸(サンテミリオン、ポムロール)がよいでしょう。

シラー/シラーズ
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る