ジェノベーゼソースに合うワイン5選

スポンサーリンク

ジェノヴェーゼ・ソース(ペスト・ジェノヴェーゼ)」とは、バジル・ニンニク・松の実・オリーブオイル・パルミジャーノをすりつぶして混ぜた調味料のこと。パスタと和えるのが一般的ですが、他にもポテトサラダと和えたり、カルパッチョカプレーゼのソースにしたりとさまざまな活用ができます。

ワインとの相性については、バジルはハーブの一種で、白ワインにはどれも多かれ少なかれハーブの香りがありますので、やはり白ワインを合わせるのがよいでしょう。よりハーブの風味を味わうためには樽熟成していないものが望ましいです。ここでは、さまざまな角度からジェノヴェーゼ・ソースに合うワインをご紹介します。
【関連記事】カプレーゼに合うワイン5選

スポンサーリンク



ソーヴィニヨンブラン(ニュージーランド)


ジェノヴェーゼソースに合うワインと言えば、真っ先に思い浮かぶのはソーヴィニヨンブランです。バジルとワイン、お互いの爽やかで青々しい香りはまさに完璧な共通項。正攻法で攻めるなら一番おすすめ、最も無難で絶対に外れのない鉄板マリアージュです。

おすすめソーヴィニヨンブラン:
ヴィラ・マリア・プライベート・ビン・ソーヴィニヨンブラン(リーズナブルながら満足感は高い)
楽天市場Amazon

ソーヴィニヨンブラン(フリウリ)


ソーヴィニヨンブランは、実はイタリアでも栽培されています。特に「白ワインの聖地」とも呼ばれるフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州のものは、ロワールやニュージーランドと比べるとハーブ香はおだやかなものの、代わりにフルーティーさが前面に出ていて、柑橘やりんごの風味が際立つ一級品。もちろんすっきり辛口で、ジェノヴェーゼソースとはよく合います。

おすすめのソーヴィニヨンブラン(フリウリ):
トノン・ソーヴィニヨンブラン(ハーブ香も比較的豊か。爽やかだが深みがあり余韻が長い)
楽天市場Amazon

チンクエ・テッレ


ジェノヴェーゼソースの発祥の地はイタリア・リグーリア州。リグーリアの白ワインはどれもジェノヴェーゼソースとは相性がよいですが、中でもおすすめしたいのがチンクエテッレです。実は知られざる白ワインの銘醸地で、海岸沿いの急斜面の岩盤にできた畑で造られるブドウは、土壌と海風の両方から受けたミネラルがたっぷり魚介にジェノヴェーゼソースをかけたカルパッチョ風の料理と抜群に合います。

おすすめのチンクエ・テッレ:
チンクエ・テッレ/カンティーナ(熟した柑橘やハチミツの香り。果実味・酸味共に高レベル)
楽天市場Amazon

ガヴィ


リグーリア州のお隣、ピエモンテ州の白ワインもジェノヴェーゼソースには合います。代表的なものはガヴィ。イタリアを代表するすっきり辛口白ワインの一つで、柑橘系のフルーティさとすっきりとした酸味、ほのかなハーブの香りが特徴です。前項のチンクエテッレ同様、魚介系の料理とはよく合います。

おすすめのガヴィ:
ガヴィ・デル・コムーネ・ディ・ガヴィ/フォンタナ・フレッダ(果実味や旨味もしっかり)
楽天市場Amazon

グリューナー・フェルトリーナ


最後にイタリアを離れて、オーストリアのワインをご紹介します。グリューナー・フェルトリーナはオーストリアを代表する白ブドウ品種で、柑橘系フルーツやハーブの香りと共に、白コショウのようなスパイシーな風味があるのが面白い特徴。ミネラルも豊富で、ほのかな苦みがあるので、バジルの苦みとも好相性です。エスニック料理や和食とも相性がよく、他にもさまざまな料理と合う守備範囲の広い白ワインですので、是非試してみてください。

おすすめのグリューナー・フェルトリーナ:
マイヤー・アム・プァールプラッツ・ベートーヴェン(これぞグリューナーという魅力満載)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る