キムチ(キムチ鍋)に合うワイン5選

スポンサーリンク

キムチとワイン」というと、「合うはずがない」と思うか、またはそもそも合わせようという発想にならない方が多いのではないでしょうか。ところが、実はキムチとワインはとてもよく合うのです。そして白か赤かと言ったら断然赤ワインです。

ポイントは、キムチに使う赤唐辛子です。赤唐辛子は、赤ピーマンと風味が似ているので、赤ワインのスパイス的な要素と合うのです。また、キムチには酸味がありますが、これは乳酸菌の働きによるもの。一方赤ワインにある酸味もやはり乳酸菌によるもので、この酸味同士も接点になります。さらには、キムチの隠し味として加えるリンゴ、梨、柿、桃などのフルーツも、ワインの果実味と好相性と言えるでしょう。

ただし、赤ワインなら何でも合うというわけではありません。ここでは、いくつかの注意点を踏まえながら、キムチに合うワインをご紹介します。

スポンサーリンク



ボジョレー(ヌーヴォー)


キムチと赤ワインを合わせる際に注意したいことは、渋すぎないタンニンが多すぎない)ということです。たしかに、キムチの赤唐辛子の風味は赤ワインのスパイスの風味と共通するニュアンスがあり、それが接点にはなります。しかし、あまりタンニンが多い赤ワインだと、唐辛子とタンニンがぶつかり、不自然な辛さや苦みが強調されてしまうのです。どちらかと言えばタンニンはなるべく少ないのほうが無難です。そうすれば、口の中で唐辛子がほどよくタンニンの代わりをし、ワインに力強さを与えてくれます。

そんな「渋すぎない」ワインの代表格がボジョレーです。ボジョレーは、新酒のヌーヴォーでも、通年タイプでもどちらでも構いません(※ヌーヴォーのほうがより渋みは少ない)。ボジョレー特有の甘苦いスパイスの香りも、キムチの風味により深めるのに一役買うでしょう。

おすすめボジョレー(1):
ボジョレー・ヴィラージュ・コンボー・ジャック/ルイ・ジャド(力強くも品がある。通年タイプ)
楽天市場Amazon
おすすめボジョレー(2) ※ヌーヴォー:
ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール/ルイ・ジャド(風格漂うワンランク上のヌーヴォー)
楽天市場Amazon

バルベーラ


キムチに限らず、料理とワインのマリアージュで覚えておくと便利なポイントの一つは、酸味のある食べ物には酸味の豊富なワインが合うということです。不思議なもので、酸味と酸味を合わせるとすごく酸っぱくなるかと思いきや、実は逆にお互いの甘さが浮かび上がってくるのです。

そこでおすすめしたいのが、イタリアのバルベーラという品種です。色は濃いのですが、飲んでみると味わいは意外に軽め。酸味がしっかりしていて、渋みは控えめのミディアムボディで、キムチの酸味・辛味と合わせるには持って来いです。

おすすめバルベーラ:
ピエモンテ・バルベーラ/テッレ・デル・バローロ(果実味の瑞々しさが魅力。値段も手頃)
楽天市場Amazon

ロゼワイン(タヴェル)


ここまでご紹介してきたように、キムチには渋すぎない、比較的軽めの赤ワインが相性がよいのですが、そんなタイプの最たるものがロゼワインと言えるでしょう。

例えば、コート・デュ・ローヌ地方の赤ワインは、シラー種に由来するスパイスの風味、グルナッシュ種に由来するフルーティーな果実味と、キムチと合うよい接点を備えているのですが、惜しいかな、やや渋みが強すぎる印象です。そんなローヌの赤ワインの特徴ををロゼとして表現したのが「タヴェル」です。ロゼの中では色も濃く、赤に近いロゼで、ほどよいスパイスの香りとフルーティーさがありながら、当然タンニンは赤ワインよりも控えめです。

あるいは、甘口が苦手でなければ、ロワール地方のやや甘口のロゼ「ロゼ・ダンジュ」などもおすすめです。甘口と言ってもフレッシュな酸味があるので決して甘すぎず、キムチの甘味ともマッチしながら、辛みをまろやかにしてくれます。

おすすめのロゼワイン(辛口):
タヴェル・ロゼ/シャトー・ド・セグリエス(赤ワイン好きの方も満足。色も旨味も濃いロゼ)
楽天市場Amazon
おすすめのロゼワイン(甘口):
ロゼ・ダンジュ/ドメーヌ・デ・オート・ウーシュ(Alc11度。果実味イキイキ香り華やか。甘すぎない)
楽天市場Amazon

赤のスパークリング


やや変化球ですが、赤のスパークリングワインを合わせるのも面白いでしょう。スパークリングがよいのは、キンキンに冷やすことができるということ。熱々のキムチ鍋と合わせるなら、個人的にはこれが一番ではないかと思います。

まずおすすめしたいのは、オーストラリアの「シラーズ」のスパークリングです。シラーズという品種は元々は南仏の「シラー」と同じもので、共通する特徴もありますが、シラーズのほうは、より果実味が濃厚で甘いニュアンスが強く、逆に渋みは控えめ。渋みが控えめな分、シラーよりもキムチとは合いやすいです。

また、イタリアのランブルスコもおすすめです。「大人のコーラ」と呼ばれる甘口の赤スパークリングですが、「セッコ(半辛口=やや甘口)」の甘さであれば、食事と合わせるのにも違和感はなく、むしろキムチの甘味とはよく合います。

おすすめの赤のスパークリング(1):
ジェイコブス・クリーク・シラーズ・スパークリング(辛口派の方におすすめ)
楽天市場Amazon
おすすめの赤のスパークリング(2):
レ・グロッテ・レッジャーノ・ランブルスコ・ロッソ・セッコ(甘口OKの方におすすめ)
楽天市場Amazon

リオハのグラン・レゼルバ


ここまでご紹介してきたように、キムチは基本的に赤ワインとは合うのですが、唯一難しいポイントがあります。それは、キムチを漬け込むときに使われるアミの塩辛やカナリエキスなどの魚醤、つまり魚介の香りです。これらはキムチの旨みを深めるためには欠かせない調味料なのですが、果実味のフレッシュな赤ワインと合わせた場合、生臭みを増してしまうことがあります。特にキムチを生でそのまま食べた場合にはそう感じやすいです。

そんな場合は、ある程度熟成が進んだワインを合わせましょう。果実味が落ち着き、香りや味わいに複雑味が増した熟成ワインは、深い旨みのあるキムチと断然合いやすくなります。特におすすめなのはスペイン・リオハの赤です。長期熟成したワインが非常にリーズナブルで、且つ元々の果実味が豊富なので、熟成すると果実味が弱すぎず強すぎず、キムチと合わせるのにほどよい加減になります。

おすすめのリオハのグラン・レゼルバ:
ヴィーニャ・ソエ/ボデガス・アギーラ
(樽で2年、瓶内で3年熟成してから出荷。古酒の蔵出しも多い。それでなんと約1000円!)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る