パスタに合うワインとは?

スポンサーリンク

日本人が大好きなイタリア料理「パスタ」。パスタにはショート、ロング、細い、太いの、ねじれてるの…とさまざまな形状がありますが、どんなパスタであれ、最終的に味の要素を決めるのはソース。ワインを合わせるには、基本的にソースだけを見て考えればよいでしょう。その際の簡単な目安は「色を合わせる」ということ。ソースの色が淡ければ色の淡いワインソースの色が濃ければ色の濃いワインを選ぶ、というのが簡単な法則です。当サイトではこれまでもパスタについて紹介してきましたが、今回は改めて総集編的に、「」という切り口で、さまざまなタイプのパスタに合うワインをご紹介します。

スポンサーリンク



無色~緑系のパスタ


「ペペロンチーノ」や「ボンゴレビアンコ」など、オリーブオイルがベースで特にソースの色がないパスタや、「ジェノヴェーゼ」などハーブを使って緑色をしたパスタに合わせるには、ワインもグリーンがかった淡い色調の爽やかな白を選びましょう。例えば、「ソアヴェ」「ガヴィ」「フラスカーティ」「ヴェルディッキオ」「コッリオのソーヴィニヨンブラン」などが挙げられます。
【関連記事】
ペペロンチーノに合うワイン5選
ジェノベーゼソースに合うワイン5選
ペペロンチーノに合うワイン5選

おすすめワインの一つ:
ソアーヴェ・セレオーレ/ベルターニ(爽やかながら果実味もしっかり感じられる)
楽天市場Amazon

クリーム色~薄黄色のパスタ


「カルボナーラ」「きのことベーコンのクリームパスタ」「サーモンとほうれん草のクリームパスタ」など、卵や生クリーム、チーズなどを使った、いわゆるクリーム色のパスタには、ふくよかな味わいの、やや黄色味がかった濃い色調の白ワインがよく合います。例えば、「ポミーノ」「ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ」「シチリアの白」「シャルドネ」などです。

おすすめワインの一つ:
ポミーノ・ビアンコ/フレスコバルディ(シャルドネとピノ・ビアンコのブレンド、25%樽熟)
楽天市場Amazon

オレンジ~トマト色のパスタ


パスタの代表と呼んでもよい、トマトを使ったパスタは、オレンジ色から完熟トマト色をしています。ワインも色を合わせて、ロゼ明るい色の赤ワインを選びましょう。例えば、「バルドリーノ」や「カステル・デル・モンテ」などのロゼワインであれば「バルベーラ」「キャンティ」「バルドリーノ」「ヴァルポリチェッラ」などがオススメです。これらのワインはどれもドライトマトのような風味があるので、トマトソースとよく合います。

おすすめワインの一つ:
バルドリーノ・キアレット/テッレ・ディ・マリア・ピア(ミネラル豊富。いい意味で素朴な味わい)
楽天市場Amazon

ブラウン系のパスタ


トマトソースでも、かなり煮込んで色が濃くなったものや、ボロネーゼ(ミートソース)などブラウン系のパスタには、ワインもより濃い色の赤を合わせましょう。例えば、「ドルチェット」「キャンティ・クラシコ」「ブルネッロ・ディ・モンタルチ-ノ」などが挙げられます。濃い赤ワイン特有のスパイスの香りがソースの風味を引き立てるでしょう。
【関連記事】ミートソースに合うワイン5選

おすすめワインの一つ:
キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ・ロッカ・グイッチャルダ/バローネ・リカーゾリ
楽天市場Amazon

黒(イカスミ)色のパスタ


難しいのは、真っ黒イカスミパスタです。ここまでご紹介してきたように、パスタとワインを合わせたいときには、その色を合わせるのが簡単で外れがないのですが、イカスミは数少ない例外と言ってよいでしょう。黒だからと言って、最も色の濃い力強い赤ワインを合わせると、イカスミの風味が消えてしまうか、逆に生臭い香りが目立ってしまいます。

オススメは、「ヴェルメンティーノ」や「トレッビアーノ」など、の香りがする白ワインスプマンテ(発泡)に仕上げたものです。魚介の風味が調和しながら、イカスミの強い個性を泡が包み込んでくれます。あるいは「オレンジ~トマト色のパスタ」でご紹介したようなロゼ~軽めの赤も悪くありません。

おすすめワインの一つ:
ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ・スプマンテ/ピエロ・マンチーニ(ミネラルと酸が豊か)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る