ラタトゥイユに合うワイン5選

スポンサーリンク

ラタトゥイユとは、フランス・プロヴァンス地方の郷土料理で、夏野菜のトマト煮込みのこと。ワインとの相性はロゼワインが定番とされますが、果実味のしっかりした白や、ミディアムボディの赤ワインを合わせるのも悪くありません。ここでは、プロヴァンスのワインに限定して、ラタトゥイユに合うワインをご紹介します。

スポンサーリンク



プロヴァンス・ロゼ


冒頭でも触れましたが、ラタトゥイユの定番とされているのがロゼワインです。それもそのはず、プロヴァンス地方で生産されるワインはなんと8割がロゼワイン。当然ラタトゥイユのみならずプロヴァンス料理全般と相性がよく、特にトマトと共に煮込んだラタトゥイユはその色合いからも風味からも、プロヴァンスのロゼとの相性は抜群です。

おすすめのプロヴァンス・ロゼ:
プロヴァンス ロゼ・キュヴェ・マリー・クリスティーヌ/シャトー・ド・ロムラード(飲み口爽やか。お洒落なボトルも魅力)
楽天市場Amazon

バンドール・ロゼ


プロヴァンス地方を代表するワインに「バンドール」があります。濃厚な赤ワインが有名で、子羊モモ肉のグリエ「ジゴー・ダニョー」に合わせるのが定番ですが、さすがにラタトゥイユに合わせるには重すぎる印象です。そこでおすすめしたいのが「バンドールのロゼ」。バンドール赤の果実味スパイシー感をほどよく備え、アルコール度数も高めで飲み応えがあります。
【関連記事】ラム肉(羊肉)に合うワイン5選

おすすめのバンドール・ロゼ:
バンドール・ロゼ/ドメーヌ・ラフラン・ヴェロル(オレンジの香りと心地よい苦みが印象的)
楽天市場Amazon

ロゼ・スパークリング


暑い夏に美味しいラタトゥイユですので、よく冷えたロゼのスパークリングもオススメです。画像のフリュッテル ・ヴァン・ムスー・ロゼは、 可愛いハートマークが印象的ですが、見た目とは裏腹に、酸味とスパイシー感の立った辛口ロゼ。その可愛さゆえ、ギフトや手土産にも喜ばれます。

おすすめロゼ・スパークリング:
ヴァン・ムスー・フリュッテル・ロゼ/ラ・テット・ノワール(コスパの高さに定評)
楽天市場Amazon

プロヴァンス産の白


ここまでご紹介してきたように、ラタトゥイユにワインを合わせるなら、ストライクゾーンのど真ん中はロゼワインですが、実は白ワインも合います。白ワインに合う理由は、ラタトゥイユに加えるタイムやローリエなどの香草類が、香りの接点になるということ。且つ、煮込んでいる料理なので、ワインにもある程度の凝縮感があるものがよく合います。

おすすめプロヴァンス白:
レゾーレリアン・ブラン/ドメーヌ・ド・トリエンヌ(シャルドネ主体。ブルゴーニュの二大巨匠がプロヴァンスでコラボ)
楽天市場Amazon

プロヴァンス産の赤(ミディアムボディ)


ラタトゥイユのストライクゾーンの低めいっぱいが白ワインなら、高めいっぱいがミディアムボディの赤ワイン。と言っても、プロヴァンスはロゼと白が有名な地域で、赤はあるとすれば濃いものが多く、ミディアムの赤はあまり造られていません。そんな中、数少ない優れたミディアムの赤がラウル・クレルジェピノノワールです。ニューワールドらしい果実味とブルゴーニュの上品さを兼ね備え、飲み口はいい意味で軽やか。ちょっと煮詰めたトマトに通じる風味があり、ラタトゥイユに合わせるのにうってつけです。

おすすめのプロヴァンス赤:
イル・ド・ボテ・コルシカ・ピノ・ノワール/ラウル・クレルジェ(コルシカ島のワイン。酸味穏やかでフルーティー)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る