燻製料理に合うワイン5選

スポンサーリンク

ワインと料理のマリアージュを考えるときは、「それぞれと似た特徴を持つ」ということがポイントになります。燻製料理には、スモークの風味が共通する、樽熟成したワインがよく合います。あとは、魚や軽めの料理のスモークなら白ワイン、肉のグリルなどガッツリ系の料理なら赤ワイン、と使い分ければよいでしょう。ここでは、燻製料理に合うさまざまワインをご紹介します。

スポンサーリンク



プイィ・フュメ(ロワールのソーヴィニヨンブラン)


冒頭で樽熟成したワインが合うと言いましたが、まずは樽熟成していないワインからご紹介します。フランス・ロワール地方にソーヴィニヨンブラン100%の「プイィ・フュメ(Pouilly-Fumé)」というワインがあります。実はこの「フュメ」とはフランス語で「燻製にした」の意味。この語源には諸説ありますが、一説には、このワインに火打石に似たミネラル香があり、それを「燻製」と表現したと言われています。正直なところこれはいわゆる「スモーク」の香りとは違うので、本質的なマリアージュとは言えないかもしれませんが、プイィ・フュメのハーブや柑橘の風味は、スモークサーモンと抜群の相性です。

おすすめプイィ・フュメ:
プイィ・フュメ/ドメーヌ・タボルデ(減農薬の造り手。クリアな果実味でミネラル感が溢れる)
楽天市場Amazon

ボルドーのソーヴィニヨンブラン


フランスでソーヴィニヨンブランと言えば、上でご紹介したロワールと並んで、ボルドーも有名です。そして、ボルドーのソーヴィニヨンブランはロワールと違い、樽熟成させるのが大きな特徴。言ってみれば、ソーヴィニヨンブラン特有のハーブや柑橘の香りに樽香を加えた、いいとこ取りのような白ワインです。さらに言うと、ボルドーのソーヴィニヨンブランはほのかに潮の香りがするので、特に魚介と好相性。スモークサーモンはもちろんのこと、タコ、イカ、ホタテ、エビなどの魚介のスモークと合わせるのに最適です。

ボルドーのおすすめソーヴィニヨンブラン:
バロン・ド・レスタック・ボルドー・ブラン(フランス人の家飲みワイン)
楽天市場Amazon

樽熟成したシャルドネ


シャルドネは、温暖でブドウがよく熟す地域では、樽熟成させて濃厚な果実味に負けない樽香をまとわせるのが一般的です。このタイプのシャルドネは、燻製料理全般と幅広く合います。白ワインというと魚介というイメージを持つ方も多いかと思いますが、その守備範囲は想像以上に広く、魚介はもちろんのこと、ソーセージ、鶏肉、牛肉まで本当に何にでも合います。肉類の燻製と樽熟成したシャルドネのマリアージュ、是非お試しください。

おすすめの樽熟成したシャルドネ:
アラモス・シャルドネ(アルゼンチン。樽熟成9ヶ月、新樽10%)
楽天市場Amazon

カリフォルニアのピノノワール


カリピノ」という言葉があります。「カリフォルニア」の「ピノノワール」のことで、一般的には甘い果実味と樽香が前面に出ているのが特徴。暗に野暮ったいワインであることを意味し、しばしば揶揄するときに使われる言葉です。たしかにブルゴーニュのピノノワールとはかなり印象が違いますが、別物と考えれば、これはこれで美味しい飲み物。特にこの樽香燻製料理と合わせるときの大きなメリットになります。スモークしたソーセージベーコンスモークチーズスモークナッツなどと合わせると最高です。

おすすめカリピノ:
デ・ローチ ピノノワール(香ばしい樽の風味が抜群!)
楽天市場Amazon

カベルネソーヴィニヨン(アメリカンオーク使用)


ワインの熟成に使う樽は大まかにはフレンチオークとアメリカンオークの2種類があり、アメリカンオークのほうが香りが強く出ます。また、中古の樽よりも新樽のほうが香りが強く出ます。ワインの紹介文に「アメリカンオーク」「新樽〇%」の文言があったら、それは即ち「樽の香りがしっかりしている」ことをアピールしていると考えてよいでしょう。アメリカンオークで熟成したカベルネソーヴィニヨンは、肉系全般のスモーク、特に炭火でグリルした牛肉や羊肉と抜群の相性です。

おすすめカベルネソーヴィニヨン:
フランシスカン・カベルネソーヴィニヨン(フレンチ+アメリカンのオーク、新樽29%)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る