ウォッシュチーズに合うワイン

スポンサーリンク

強烈な匂いと個性的な味わいにハマる人が多いウォッシューチーズ。有名なところでは「エポワス」「アフィデリス」「ラングル」「マンステール」「ポン・レヴェック」「リヴァロ」「ピエ・ダングロワ」「タレッジョ」などがあります。一つ一つ見れば、クセが強いものとそうでもないものがありますが、全体的には風味は強く、合わせるワインにも強い個性が求められます。一般的には赤ワインの相性がよいとされますが、一概にそうとも言えません。ここでは、ウォッシュチーズに合うさまざまなタイプのワインをご紹介します。

スポンサーリンク



ゲビュルツトラミネール


フランス・アルザス地方のウォッシュチーズ「マンステール」には、アルザスの白ワイン「ゲビュルツトラミネール」を合わせるのが定番です。ライチや白いバラなどの甘く華やか香りの中に、クミンや白コショウのようなスパイシー感があるゲビュルツはインパクトがあり、マンステールに限らずウォッシュチーズ全般と見事に調和します。ちなみに、マンステールにはクミンシードをまぶすのが現地の食べ方(このマリアージュセンスはさすがですね)。この食べ方を他のウォッシュチーズに応用するのも面白いでしょう。

ゲビュルツトラミネールは、ブドウがよく熟すために、辛口でも口当たりがほんのり甘くなります。甘口ワインが苦手な方は辛口がよいでしょうが、甘口に抵抗がない方は、是非ゲビュルツトラミネールの甘口を試してみてください。高級品が多いですが、その相性は格別ですよ!

おすすめのゲビュルツ(辛口):
コノスル・ゲビュルツトラミネール・レゼルヴァ
楽天市場Amazon
おすすめのゲビュルツ(甘口):
ゲビュルツトラミネール ヴァンダンジュ・タルディヴ
楽天市場Amazon

ブルゴーニュ赤(力強いタイプ)


フランスのブルゴーニュ地方はウォッシュチーズの産地としても名高く、有名なウォッシュチーズに「エポワス」「アフィデリス」があります。料理とワインのマリアージュの原則には「地元同士で合わせる」というものがあり、これらのチーズにはブルゴーニュの赤を合わせるのが定番とされていますが、実はこの組み合わせはなかなか難しいものがあります。というのも、ブルゴーニュの赤(ピノノワール)は繊細なので、ウォッシュチーズの強い個性に負けてしまうのです。

しかし、先人の知恵が全く間違いであるはずはありません。昔ながらの造りの、果実味を前面に出した、力強く凝縮感のあるタイプは、ウォッシュチーズと実によく合います。ただし、このタイプのブルゴーニュ赤は全体的に見ると少数派。しかも多くはかなり高価なので、ワイン選びには注意が必要です。比較的リーズナブルなものとして、以下の2つはかなりオススメできます。

おすすめのブルゴーニュ赤(1):
フィリップ・ルクレール ブルゴーニュ ルージュ”レ・ボン・バトン”
楽天市場Amazon
おすすめのブルゴーニュ赤(2):
ジョゼフ・ロティ ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・ド・プレソニエール
楽天市場Amazon

グルナッシュ主体の赤(濃いめ)


ブルゴーニュの赤と比べると外れが少ないのがこちら。果実味豊富な南仏のグルナッシュ主体の赤ワインは、ウォッシュチーズに限らず、チーズ全般と非常に相性が良いです。ウォッシュチーズと合わせると、ワインの中のブラックチェリーリキュールナッツの風味が引き出され、ワインをより美味しくしてくれます。グルナッシュ主体のワインにもいろいろありますが、なるべく濃いめ(フルボディ)で、果実味に凝縮感があるタイプがよいでしょう。オススメは、パスカル シャロンのコート・デュ・ローヌ・ラ・グラン・ウルス。色調は赤というよりほとんど黒。凄まじく濃厚で果実の甘みが前面に来るのですが、酸味・渋みのバランスがよく、心地よい余韻が長く続く逸品です。

おすすめのグルナッシュ主体赤ワイン:
パスカル・シャロン ラ・グラン・ウルス
楽天市場Amazon

マール


マール」というお酒をご存知でしょうか?ワインを造るために絞ったブドウの搾りかすから造るブランデーで、フランスではマール、イタリアではグラッパと呼ばれます。味は一般的なブランデーとよく似ていますが、よりブドウの風味が濃くリーズナブルなのが魅力です。実はウォッシュチーズとのつながりも深く、シャンパーニュ地方のウォッシュチーズ「ラングル」は、中央にあるくぼみに「マール・ド・シャンパーニュ」を注いで食べるのが定番とされています。また、ブルゴーニュ地方の「エポワス」は、表面を「マール・ド・ブルゴーニュ」で洗って熟成させており、当然マール・ド・ブルゴーニュとの相性は抜群です。飲み方は一対一の水割りがオススメ。ちょっとマニアックなチョイスですが、なかなかオツなマリアージュです。

マール・ド・シャンパーニュ
楽天市場Amazon
マール・ド・ブルゴーニュ
楽天市場Amazon

シェリー オロロソ(辛口~甘口)


ウォッシュチーズの強い香りは、シェリーなど酸化熟成させた酒精強化ワインの風味にも通じるところがあります。シェリーにもさまざまなタイプがありますが、最も熟成が進んだ「オロロソ」と合わせるのがマリアージュの妙。紹興酒醤油にも似たオロロソの風味は単体で味わうと強烈すぎるかもしれませんが、ウォッシュチーズと合わせることによって、お互いの旨味が浮かび上がってきます。最初は「なんじゃこりゃ?!」と思っても、実はハマる人が多いのがオロロソ。その意味でもウォッシュチーズとは共通しますね。

また、チーズは基本的に甘口ワインと相性がよいので、オロロソをベースにした甘口クリーム」もオススメです。

シェリー オロロソ(辛口)
楽天市場Amazon
シェリー クリーム(甘口)
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと手土産

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページ上部へ戻る